中国・江蘇がW杯ブラジル代表FWジョーを獲得…ACLでFC東京と対戦

ブラジルW杯にも代表選手として参加したFWジョー [写真]=Getty Images

 中国スーパーリーグ(1部)の江蘇蘇寧は12日、アル・シャバブ(UAE)からブラジル代表FWジョーを獲得したことを正式発表した。クラブ公式微博(ウェイボー/中国版 ツイッター)が伝えた。

 現在28歳のジョーは、2005年にコリンチャンスからCSKAモスクワへ移籍すると、3年後には1800万ポンド(現在のレートで約30億円)の移籍金でマンチェスター・Cへ活躍の場を移した。その後エヴァートン、ガラタサライ、インテルナシオナル、アトレチコ・ミネイロを経て、昨年7月からはUAEのアル・シャバブでプレーしていた。また、2007年からブラジル代表としても活躍し、2013年に母国ブラジルで開催されたFIFAコンフェデレーションズカップでは、初戦の日本戦で得点を挙げた。2014年のブラジル・ワールドカップにも3試合に出場している。

 今冬の移籍市場で活発な動きを見せる江蘇蘇寧は、チェルシーからブラジル代表MFラミレスを、シャフタールからブラジル人MFアレックス・テイシェイラを獲得しており、豪華なタレントを擁する。なお、江蘇蘇寧はAFCチャンピオンズリーグのグループステージでFC東京、全北現代(韓国)、ビンズオン(ベトナム)と対戦する。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事