金沢からちょっとドライブ♪ ヤギとアヒルが出迎えてくれる、ふんわり石窯ピザの専門店

 

金沢からちょっとドライブ♪ ヤギとアヒルが出迎えてくれる、ふんわり石窯ピザの専門店

「アルベロ」のある不室町は、石川と富山の県境に位置するのどかな田舎町。
金沢市の森本インターチェンジから山手へ約10分ドライブすると、ナイフとフォークの看板が見えてきます。
看板を目印に進むと見えてくる、白い建物が「アルベロ」です。

実はこの店のご主人は、イタリアで修行し金沢市中心部の繁華街にも2店舗を展開する腕利きのシェフ。

金沢市片町のイタリア料理店「オステリア アルベロ」、同市木倉町のピザ専門店「ヴェッキオ アルベロ」はともにファンが多く、ここ不室町の1号店は“山のアルベロ”として親しまれています。

車を降りると、すぐ近くで「メェ~」という鳴き声が。お店で飼われている2匹のヤギの鳴き声です。池にはアヒルも泳いでいて、まるで絵本に出てくる牧場のような雰囲気。

金沢にこんな場所があったなんて、と驚きました。

店内は、テーブルや椅子、カウンターなどあらゆるものが天然木で作られた、木のぬくもりがあふれる空間。

冬には薪ストーブがパチパチと燃えて暖かく、天候のよい時期には外のウッドデッキでも心地のよい時間が楽しめますよ。

家具や飾りはほとんどが、木工細工を得意とするご主人のお父様の作品。木目の美しい一枚板のテーブルが、料理のおいしさを引き立てます。

店内にある大きな石窯は、ご主人がレンガや土で手作りしたもの。
400度の高温で素早く焼き上げたピザは、生地がふんわりと柔らかく、具材もジューシーです。

人気のメニューは、トマトとモッツァレラチーズとベーコンをトッピングした「ジェノヴェーゼ」。フレッシュな具材とコクのあるバジルソースの相性が抜群。

他に、シンプルな「マルゲリータ」や、にんにくの効いた「マリナーラ」、季節の野菜がたっぷりのった「オルトナーラ(菜園風)」など、多彩なピザが楽しめます。

ピザはすべてランチセットで、サラダ・ドリンク・デザートがついています。

この日のデザートは、石窯の温度をぐんと下げてじっくり焼き上げた「窯焼きプリン」。

窓辺でのどかな風景を見ながらいただくコーヒーとデザートは、格別の味わいでした。

市街地からは少し離れた場所ですが、動物たちとの出会いやお店の雰囲気など、食事以外にも楽しみがたくさん詰まったお店です。

のんびりとドライブ気分で、ぜひ足を運んでみてくださいね。


本記事は「ことりっぷ」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[工藤夕貴]“山ガール”がドラマ「山女日記」で主演
[22:17 9/27] エンタメ
[貞子]女優・三田佳子に“変身”
[22:05 9/27] エンタメ
高畑裕太の代役は成田凌 - 映画『L-エル-』制作チーム一丸となって再撮
[22:00 9/27] エンタメ
[仮面ライダーカブト]ダークカブトの“真骨彫製法”フィギュア登場
[21:53 9/27] ホビー
TVアニメ『ツキウタ。』最終話・第13話のあらすじ&先行場面カット公開
[21:40 9/27] ホビー