船越英一郎、自身初のホームレス役に挑戦! 異様な風貌に東出昌大も後ずさり

 

俳優の船越英一郎が、俳優・東出昌大の主演で映画化される『ヒーローマニア-生活-』(5月7日公開)で、自身初のホームレス役に挑んだことが11日、明らかになった。

自身初のホームレス役に挑む船越英一郎

漫画家・福満しげゆき氏の『生活【完全版】』を、豊島圭介監督が実写化する本作。サラリーマンをリストラされ、コンビニでのバイト生活を送る中津秀利(東出)を主人公に、謎の身体能力を持つニート・士志田(窪田正孝)、情報収集力に長けた女子高生・カオリ(小松菜奈)、"若者殴り魔"の異名を持つ日下(片岡鶴太郎)と共に結成した自警団の奮闘劇を描く。

在京民放5局の2時間ドラマで主演作品がある、唯一の俳優・船越英一郎。"2時間ドラマの帝王"や"サスペンスドラマの帝王"として数々の役柄を演じてきた船越が、初のホームレス役に挑んだ。片岡演じる日下は、やがて巨大組織に成長した自警団を警備サービス会社として運営し、その社長として船越演じる宇野をスカウト。ボサボサの髪に服は泥まみれだが、鋭い眼光や口調などからは謎めいた存在感を放っているという。

劇中では、チンピラに押し倒された中津に宇野が「ケガはないか?」と手を差し伸べる場面も。その手の汚さ、不気味にほほ笑むホームレスに中津は思わず後ずさりしてしまい、逃げるようにその場を離れる。現場スタッフを「演技ではなく、本当に後ずさりしたのでは」と勘違いさせるほど、リアリティにあふれる共演となった。

「自分のキャリアの中でも多くはないタイプの役柄なので、僕自身も新しいチャレンジができるのではという高揚感と期待感があります」と意欲を燃やす船越。東出を「ノーブルでイノセントな魅力と透明感を持っている稀有な男優さんですね。スケールの大きな俳優さんになっていくだろうと感じました」と絶賛し、本作について「『こんな可能性が日本の映画にあったんだ!』とみなさんに感じてもらいたい、そんな作品になってほしい、いやなっていると確信しています」と太鼓判を押している。

(C)福満しげゆき・講談社/映画「ヒーローマニア-生活-」製作委員会

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

さんま、SMAP解散の真相は報道通り?「ほぼ間違いないと思う」
[00:23 8/28] エンタメ
小柳歩、"舐め"オンパレードで「セクシーというよりはエロい」
[00:00 8/28] エンタメ
Fカップ松嶋えいみ、2人の男性からマッサージ「私生活でもやって欲しい」
[00:00 8/28] エンタメ
さんま『さんまのまんま』終了理由「制作費」と明かすも、 実は別に理由が?
[23:55 8/27] エンタメ
「PINコード」とは - いまさら聞けないスマートフォン用語
[23:04 8/27] スマホとデジタル家電

本音ランキング