レヴァークーゼン、FWエルナンデスが負傷離脱…今季公式戦22得点と好調

 

今季公式戦22得点目となるPKを決めたエルナンデス [写真]=Bongarts/Getty Images

 レヴァークーゼンは10日、メキシコ代表FWハビエル・エルナンデスが左でん部の負傷により13日に行われるブンデスリーガ第21節ダルムシュタット戦を欠場することを発表した。同クラブ公式サイトが伝えている。

 エルナンデスは9日に行われたDFBポカール準々決勝ブレーメン戦で先発出場を果たし、1得点を挙げる活躍を見せたが、57分に負傷交代。翌10日にクラブドクターによる検査を受けた。なお、具体的な離脱期間は明かされていない。

 現在27歳のエルナンデスは、昨年8月にマンチェスター・Uからレヴァークーゼンに完全移籍。今シーズンは公式戦26試合に出場し、チームトップの22得点を挙げている。リーグ戦では13ゴールをマークしており、得点ランキングでも4位につけている。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

次世代iPhoneの名称は「iPhone 6SE」で発売日は9月16日の噂 - 海外報道
[17:31 7/26] スマホとデジタル家電
35歳以上が選ぶ"理想の上司"、女性1位は天海祐希 - 男性は?
[17:30 7/26] キャリア
夫婦のLINE 第127回 マジで具合が悪くなった
[17:30 7/26] ライフスタイル
40・50代女性が感じる身体の悩み1位は「肩こり」 ‐ 心の調子は?
[17:29 7/26] ヘルスケア
アスクルとマネーフォワード、経費精算サービス提供開始
[17:26 7/26] マネー