レヴァークーゼン、FWエルナンデスが負傷離脱…今季公式戦22得点と好調

 

今季公式戦22得点目となるPKを決めたエルナンデス [写真]=Bongarts/Getty Images

 レヴァークーゼンは10日、メキシコ代表FWハビエル・エルナンデスが左でん部の負傷により13日に行われるブンデスリーガ第21節ダルムシュタット戦を欠場することを発表した。同クラブ公式サイトが伝えている。

 エルナンデスは9日に行われたDFBポカール準々決勝ブレーメン戦で先発出場を果たし、1得点を挙げる活躍を見せたが、57分に負傷交代。翌10日にクラブドクターによる検査を受けた。なお、具体的な離脱期間は明かされていない。

 現在27歳のエルナンデスは、昨年8月にマンチェスター・Uからレヴァークーゼンに完全移籍。今シーズンは公式戦26試合に出場し、チームトップの22得点を挙げている。リーグ戦では13ゴールをマークしており、得点ランキングでも4位につけている。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

プログラミング言語「Python」を学ぶべき理由
[10:06 8/30] 企業IT
中居正広、記念日を大切にする結婚生活「地獄としか…」
[10:02 8/30] エンタメ
Hot Chips 28 - 冒頭を飾った注目の「ARM Bifrost GPU」の発表
[10:00 8/30] テクノロジー
【特別企画】NTTデータが新入社員研修に「教育版レゴ マインドストーム EV3」を導入した理由
[10:00 8/30] テクノロジー
ココリコ田中、10月から『ZIP!』レギュラー出演「毛深い自分で大丈夫か」
[10:00 8/30] エンタメ