主力温存のバルサ、ドローに持ち込み国王杯決勝進出…無敗記録も更新

 

ゴールを喜ぶバルセロナの選手たち [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

 コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)準決勝セカンドレグが10日に行われ、バレンシアとバルセロナが対戦した。

 ファーストレグではバルセロナが7-0と大勝。バレンシアは決勝進出のために奇跡的な勝利が必要となる。一方、大きなアドバンテージを持つバルセロナは7日に行われたリーグ戦から9名を入れ替え、FWリオネル・メッシ、FWルイス・スアレス、FWネイマールら主力を温存して臨んだ。

 最初にチャンスを作ったのはバルセロナ。9分。敵陣右サイドでパスを繋ぐと、エリア手前右からイヴァン・ラキティッチが右足でミドルシュート。しかしこれは枠の上に外れた。

 すると39分にバレンシアが先制に成功する。自陣からのロングパス1本でDFラインの裏へ抜け出したアルバロ・ネグレドがGKと1対1の局面を迎えると、一度はシュートを阻まれたものの、こぼれ球を自ら押し込みネットを揺らした。

 失点を喫したバルセロナは44分、左サイドからのFKにエリア内のムニル・エル・アダディが頭で合わせたが、シュートはわずかに枠の右に外れた。前半はこのままバレンシアのリードで折り返す。

 後半に入り67分、バルセロナは左サイドでボールを持ったラキティッチがカットインから右足でシュートを狙ったが、GKの正面に飛んだ、一方のバレンシアも74分、エリア手前右からのFKをダニーロ・バルボサが右足で直接狙ったが、枠の右上を捉えたシュートはGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンに阻まれた。

 互いに得点が奪えないまま終盤に差し掛かった84分、バルセロナがようやく同点ゴールを奪う。ドウグラス・ペレイラが左サイドを駆け上がったファン・デル・カルメン・カマラにスルーパスを通すと、グラウンダーの折り返しをゴール前のウィルフリード・カプトゥムが右足ダイレクトで流し込んだ。

 試合はこのまま1-1のドローで終了。2戦合計スコアを8-1としたバルセロナが3シーズン連続の決勝進出を果たした。バルセロナはこれで公式戦の無敗記録を29試合に伸ばし、クラブ新記録を樹立した。決勝では11日に行われるセルタ対セビージャの勝者と対戦する。

【スコア】
バレンシア 1-1(2試合合計:1-8)バルセロナ

【得点者】
1-0 39分 アルバロ・ネグレド(バレンシア)
1-1 84分 ウィルフリード・カプトゥム(バルセロナ)


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[LoVendoЯ]ギター担当の魚住有希が9月卒業を発表 今後はギタリストとして海外での勉強も視野
[23:51 7/23] エンタメ
高田桂「あねコン」1巻、狐に憑かれた義姉とのラブストーリー
[22:41 7/23] ホビー
あの日あの時あのコンピュータ 第13回 「8ビット御三家」最終形への夜明け前(その2) - NEC「PC-8001」
[21:04 7/23] パソコン
『おそ松さん』よりひょこっとラバーストラップの第2弾が登場
[20:00 7/23] ホビー
みなさんメガネ男子は好きですか?『おそ松さん』が一番くじでメガネ姿を披露
[20:00 7/23] ホビー