楽天銀行、スマホ向けFX取引アプリに為替レートアラート機能導入

 

楽天銀行は8日、「新・楽天銀行FX」のスマートフォン向け取引ツールアプリ「新・楽天銀行FX powered by iSPEED」に為替レートアラート機能を導入した。

Androidスマートフォンの画面イメージ

アプリの起動は不要

「新・楽天銀行FX」は、普通預金口座からワンストップで入金から取引まで実行できる店頭外国為替証拠金取引サービス。

「新・楽天銀行FX powered by iSPEED」は、同サービスのスマートフォン向け取引ツールアプリ。この度のアプリアップデートでは、あらかじめアラート設定した通貨ペアがアラート条件の為替レートに到達した場合、アプリを起動することなくプッシュ通知にて知らせる機能が追加された。また、通知受信後すぐに取引画面に進むことで、移動中や外出先でも相場の転換点などを逃すことなく取引できるようになった。

「新・楽天銀行FX powered by iSPEED」は、Android OS2.3以降のAndroidスマートフォン及びiOS 7.0以降のiPhoneで利用可能。Google Play及びApp Storeから無料でダウンロードできる。

なお、取引可能な通貨ペアは23種類で、ドル/円、ユーロ/円といった対円の通貨ペア以外に、ユーロ/ドルや豪ドル/NZドルなどの外貨同士の通貨ペアまである。スプレッド(通貨間の買値と売値の差)は、たとえばドル/円の通貨ペアなら、0.5銭となっている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事