美しき白銀キャンパス! 青森で開催中の「冬の田んぼアート」が壮大すぎる

 

青森県田舎館村と青森県中南地域県民局では2月6日~14日、道の駅いなかだて「弥生の里」(青森県南津軽郡)にて「冬の田んぼアート」を初開催している。

2015年3月に実施した「冬の田んぼアート」試作の作成風景

同イベントでは、日本初となるサイモン・ベック氏によるスノーアート制作や、雪に親しむアート・体験プログラムを展開する。サイモン氏は世界にただひとりとされるスノーアーティスト。サッカー場2~3面分(1万4,000~2万1,000平方メートル)の雪深い田んぼをキャンパスにして、スノーシューを装着した足を使って作品をつくる。現地では下書きも行わず、中心といくつかのポイントに目印のポールを立て、ひたすら踏み、歩き、ひとつの作品に対して6~9時間をかけて制作する。

スノーアーティストのサイモン・ベック氏は、フランスの巨大スキー場「レザルクスキーリゾート」をメインフィールドとしている

会場では、サイモン氏が制作したスノーアートを弥生の里展望所から観覧でき(入場料は200円)、特に2月11~13日16時~19時には、ライトアップの観覧も実施する。ワークショップとして、雪に天使を描く「スノーエンジェル体験」や「万華鏡づくりワークショップ」(2月13,14日)を、雪体験として「雪の家・イグルーづくり」(2月11日)や「雪かき体験」(2月13日)、弥生の里凧揚げ大会(2月14日)を予定している。

また、開催期間の土日曜日・祝日には、古代米を使用した3色餅や地元のお母さんが作る津軽伝統料理、ご当地B級グルメ「黒石つゆやきそば」などのグルメの他、地元産品の販売も行う。

サイモン氏のスノーアート

イベントが行われる田舎館村は稲との関わりが深く、田んぼアートの発祥の地として知られている。1993年に始まった田んぼアートは、夏の風物詩として全国から人々が集まるイベントに成長した。この「冬の田んぼアート」は初めての試みで、サイモン氏は2015年度と2016年度の2年間、田舎館村でスノーアートを制作する予定となっている。

「弥生の里」の住所は青森県南津軽郡田舎館村高樋八幡10で、イベント期間中は会場まで徒歩2分のところに弘南鉄道弘南線「田んぼアート駅」に臨時停車する。

サイモン氏のスノーアート

また青森県では、2月6日~14日に「雪の降るさと2016」(黒石市)、2月11日~14日に「弘前城雪燈籠まつり」(弘前市)、2月12日に「弘南鉄道けの汁列車」(弘前駅発着)、2月13日に「全日本ずぐり回し選手権大会」(黒石市)を開催する。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【特別企画】ランサムウェアに引っかかった!? - Acronis True Imageのイメージバックアップで最後の砦を築いておく(後編)
[07:00 7/25] パソコン
八田亜矢子、東大クイズ合戦で「女性の強いところを見せる!」も痛恨ミス
[07:00 7/25] エンタメ
カシオの電子辞書「EX-word」、20周年記念プレスイベントで語られた歴史
[07:00 7/25] スマホとデジタル家電
JPEGはなぜここまで普及したのか? ~専門家に聞いてきた~ 第5回 JPEG 2000対応カメラが無い理由
[07:00 7/25] 企業IT
深海底のレアアース泥は堆積速度の遅い環境に存在 - 東大などがデータ解析
[07:00 7/25] テクノロジー