エアアジア・ジャパン、就航を夏以降に延期--2月の2号機受領も延期に

 

エアアジア・ジャパンは2015年10月に初号機を受領し、2016年春に2機体制での就航を予定していた

2016年春の就航を目指していたエアアジア・ジャパンは、就航を2016年夏以降に遅らせることを検討している。同社は日本に再進出した2014年7月時点では2015年6月の就航を目指していたが、A320初号機を受領した2015年10月には就航時期を2016年春に定め、このほどさらに夏以降へと延期する見通しとなっている。

同社の広報によると、延期の理由に関しては時期も含めて現在調整している就航案内会にて説明するとしている。また、2月に受領を予定していた2号機のA320についても受領時期を延期し、蜷川実花デザインとなる3号機についても受領時期を延期する見通しとなっている。

同社は2015年10月の段階では、A320を2機そろえ、中部国際空港(セントレア)をハブとして新千歳・仙台・台北の3路線同時開設で就航し、国内・国際に路線をはりながら年間5機ずつ増やしていくことを計画していた。

その後、同年の12月1日に代表取締役社長兼CEOの小田切義憲氏に代わり、代表取締役会長に井手隆司氏(前スカイマーク代表取締役会長)、取締役CEO(最高経営責任者)に秦修氏(前エアアジア・ジャパン株式会社執行役員兼CFO)、CFO(最高財務責任者)に有森正和氏(前スカイマーク代表取締役社長)が就任。2月15日に名古屋で開催される中部空港第2滑走路に関する総会にて、井手氏が同社の代表取締役会長として初めて講演(演題: 就航エアラインが地域に望むこと)を行う予定となっている。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

HPE、サイバー犯罪を後押しする地下経済を検証したレポートの日本語版発行
[11:35 7/25] 企業IT
2030年に向けた国内大学のパラダイムシフト 第7回 変わりゆく就職戦線 - 戦略転換からみた教育支援の在り方
[11:30 7/25] テクノロジー
胎児もつらいよ! 第5回 違うよママ! ぼく、男の子だってばっ!!
[11:30 7/25] ライフスタイル
ハーゲンダッツカフェが代官山に登場! 夏だけの濃厚アイスの楽しみ方とは?
[11:30 7/25] 趣味
ポケモンGO効果でARソフト市場が2020年に3兆円規模に - TradeForce
[11:22 7/25] テクノロジー