東武鉄道、東上線和光市駅の1・4番ホームに可動式ホーム柵 - 3/26使用開始

 

東武鉄道は3月26日から、東上線和光市駅1・4番ホームで可動式ホーム柵の使用を開始すると発表した。

和光市駅可動式ホーム柵設置イメージ

和光市駅可動式ホーム柵設置図

和光市駅2・3番ホームは東京メトロ有楽町線・副都心線との相互直通運転を行う列車などが発着することから、東京メトロが可動式ホーム柵を設置し、2012年7月から稼動している。今回、1・4番ホームにも可動式ホーム柵を導入することで、ホーム4面すべてに設置されることとなる。

設置される可動式ホーム柵の開口は1・4番ホームとも40カ所で、4ドア車両10両編成に対応。4番ホーム(東上線池袋行)は2月14日から、1番ホーム(東上線川越方面行)は2月21日から設置工事を始め、両ホームとも3月26日初列車から使用開始する予定となっている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム
[00:21 9/30] 趣味
白亜の館で古き良き時代にタイムスリップ
[00:21 9/30] 趣味
誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に
[00:21 9/30] 趣味
[りゅうちぇる]ハプニング目撃し「キャー!」 メーキングでぺことの出会いも赤裸々に……
[00:00 9/30] エンタメ
[オーバーロード]総集編が劇場版アニメ化決定
[00:00 9/30] ホビー

本音ランキング