JR東、東京駅・新宿駅でスマホ向け駅構内ナビを試行

 

東日本旅客鉄道(JR東日本)は9日、東京駅と新宿駅においてスマートフォン向け駅構内ナビゲーションサービスの試行を開始した。無料の専用アプリ「駅構内ナビ」をダウンロードすることで利用できる。期間は3月18日まで。

「駅構内ナビ」イメージ

「駅構内ナビ」では、東京駅・新宿駅構内の経路案内や、経路ガイダンス、ユーザーの現在地情報を確認できる。JR東日本では、2014年12月に東京駅のみを対象にした同様の実証実験を行っているが、ユーザーからの要望が多かったという新宿駅も新たに対応した。そのほか、Suicaコインロッカーの空き情報やユーザーの位置情報を共有できる機能も追加されている。

アプリは、App StoreおよびGoogle Playからダウンロード可能。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

米Uber、FintechスタートアップBettermentと提携、ドライバーの年金計画で
[08:05 8/25] 企業IT
Win10スマホ「MADOSMA Q601」はビジネスシーンで使えるか
[08:00 8/25] 企業IT
TVアニメ『ブレイブウィッチーズ』、石田燿子が歌うOP曲のタイトルが決定
[08:00 8/25] ホビー
Apple IDを完全に削除できますか? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[08:00 8/25] スマホとデジタル家電
NVIDIA、自動運転車向けSoC「Parker」を正式に発表
[08:00 8/25] テクノロジー