MRJ、2月10日に飛行試験を再開 - 1時間半のフライトで改修後の確認

 

三菱航空機は2月10日、次世代リージョナルジェット機MRJ(Mitsubishi RegionalJet)の飛行試験機初号機による飛行試験を再開した。

2月10日には約1時間半かけて試験飛行が行われた

2015年11月11日に初フライトとなった飛行試験機初号機はその後、フィードバック改修作業と機能試験を実施。この改修作業では業主翼と胴体の結合部に局部的に薄板が追加され、2月10日の飛行試験では改修後の確認を中心に、太平洋側の空域で約1時間半かけて試験飛行を行った。

(c)2016 MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES, LTD. All Rights Reserved.

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事