ネットジャパン、XFSに対応したバックアップ・ディザスターリカバリー

 

ネットジャパンは2月10日、Linuxサーバ用のディザスターリカバリー・ソリューションで、Red Hat Enterprise Linux (RHEL)7.2とCentOS 7.2に対応し、XFSのスマートセクターバックアップが可能な「ActiveImage Protector 2016 Linux Edition」を、同日より出荷開始すると発表した。

同社によれば、ブロックベースでのXFSボリュームのスマートバックアップに対応したのは業界初という。

ActiveImage Protector Linux Editionは、GUIを実装したセクターバックアップ/ディザスターリカバリーソリューションで、重複排除機能、増分バックアップ機能を搭載する。

バージョン2016では、Red Hat Enterprise Linux 7.2、CentOS 7.2やXFSのシステムボリュームのスマートセクターバックアップに対応。また、1つのバックアップタスクに対して複数のスケジュールを作成できるマルチスケジュール作成機能を追加した。

そのほか、複数のイメージファイルから柔軟なボリュームレイアウトでリストアができるマルチソースイメージやマルチターゲットリストア、アップデート通知、オンラインアップデート機能を追加している。

価格は、1-4ライセンス購入の場合108,000円(1ライセンスあたり、税別)となる。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事