Gmail、暗号化されていないメールをユーザーに通知へ

 

Googleは2月9日、アカウントのセキュリティチェックツール、Gmailでの受信メールの安全対策など、インターネットの安全な利用を支援する最新ツールを公開した。Google Driveに2GBの無料ストレージをプレゼントするキャンペーンも展開する。

これは、2月9日が子供や若者にインターネットの安全な利用を推進する「Safer Internet Day」の日にちなんだものとなる。

1つ目のツールは、Google Accountのセキュリティチェックを管理できるクイックツール「Security Checkup」。アカウント復旧情報として予備の電話番号を入力しておけば、アカウントにアクセスできなくなった場合や異常なアクティビティ検出時に通知してくれる。アカウントにひもづいているデバイスもチェックできる。なお、2月11日までにSecurity Checkupを完了したユーザーにはGoogle Driveの無料ストレージ2GB分が増量されるという。

2つ目として、GmailのWeb版で、暗号化されていないメールを受け取ったことを通知する機能が加わった。Gmailユーザー同士のメールはTLSを利用して暗号化されているが、片方がGmailではない場合は相手が送ったメッセージが暗号化されていないことがある。新たな通知機能は、暗号化されていない場合とメールアドレスが認証されていない場合にその旨を通知するもので、前者は赤い鍵アイコンで、後者は「?(疑問符)」で知らせる。

赤い鍵アイコンで暗号化状態が確認できる

メールアドレスが認証されていない場合は、送信先が?になる

Googleはこのほか、Androidアプリストア「Google Play」に関連したセキュリティの取り組みも報告している。それによると、現在、個人情報を不正に取得するアプリなど、Google Playのポリシーに遵守しないアプリは受け付けていないほか、「Safe Browsing」システムと連動して毎日2億回のセキュリティスキャンを行っているという。2015年、Google Playを経由して不正なアプリをインストールしたデバイスはわずか0.13%だったと報告している。

また、オンライン広告を悪用するボットネットへの対策として、自社広告システムから締め出す対策をさらに強化したことも発表した。これにより、広告詐欺ボットネットのうち規模が最も大きな3つのボットネットのトラフィックを自動でフィルタリングしている。これら3つのボットネットに感染しているマシンの台数は合計で50万台以上になる。

さらに、Googleは意見を交換できるオンラインサービス「Medium」を利用して、オンラインセキュリティをテーマとしてバーチャルラウンドテーブルを開催する計画も明らかにしている。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。

関連キーワード


IT製品 "比較/検討" 情報

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

JAL×ポンタ「JAL Pontaカード」誕生 - "ポンタパイロット"を機内でも配布
[17:01 7/1] 趣味
米IBM、インメモリーデータベースの新バージョン「IBM DB2 V11.1」
[16:59 7/1] 企業IT
日産「キューブ」一部仕様向上、エントリーモデルに本革巻きステアリングも
[16:50 7/1] ホビー
【レビュー】Windows 10 Insider Previewを試す(第58回) - 7回のビルドアップを行った2016年6月最後のビルド14379
[16:46 7/1] パソコン
上海問屋、知育ロボット「mBot」組み立てキット - スマホでも操作可能
[16:45 7/1] パソコン

求人情報