JALとANA、燃油サーチャージが4月・5月は0円に

 

JALとANAグループはこのほど、4月1日~5月31日航空券発券分の国際線旅客「燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)」を全線で適用しないことを発表した。非適用となるのは2009年7月~9月以来、約7年ぶり。

燃油サーチャージは、原油価格に応じて航空会社が運賃に上乗せして利用者に請求しているもので、両社では、2カ月ごとに直近2カ月間の燃油市況価格平均に基づき見直している。

2015年12月~2016年1月の「シンガポールケロシン市況価格」2カ月平均は、1バレルあたり42.98米ドルだった。これに同期間の為替平均1米ドル120.14円を乗じたシンガポールケロシン市況の円貨換算額は、6,000円を下回る5,163円に。よって4月~5月に発券される航空券には燃油特別付加運賃を適用しないことになった。

現在、日本からの燃油サーチャージ(片道)は、北米や欧州が7,000円、ハワイやインドが4,000円、タイやシンガポールが3,000円、ベトナムやグアムが2,000円、中国や台湾が1,500円、韓国が300円となっている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

国土交通省、東京のタクシー初乗り運賃を410円に引き下げる実証実験を実施
[15:30 7/28] ホビー
中国XiaomiがWindows 10搭載ノートPC発表、13.3型と12.5型の2モデル
[15:26 7/28] パソコン
ボルボ特別仕様車「S60 / V60 D4 ダイナミックエディション」8/10販売開始
[15:13 7/28] ホビー
『アイマス』声優の平山笑美などが出演、プレスターライブが8月14日開催
[15:06 7/28] ホビー
機能性表示食品の「肝臓の健康にセラクルミン」が発売
[15:02 7/28] ヘルスケア