オラクル、同社DB導入企業向けにサイバーセキュリティ対策アセスメント

日本オラクルは2月10日、「Oracle Database」を導入している企業を対象に、サイバー・セキュリティ対策をデータ保護を支援する「Oracle Databaseセキュリティ・リスク・アセスメント」の提供を同日より開始すると発表した。

同アセスメントではデータベースを中心に、ストレージやネットワーク、業務アプリケーションといった周辺のシステムも対象とし、リスク要因の特定と推奨される戦略策定にフォーカスし、実務的なレビューを提供するという。

具体的には、

・既存システムのデータベース設定に関する情報収集と分析
・オラクルのデータ・セキュリティ対策の標準的なベスト・プラクティスと比較して逸脱している項目を特定
・業務アプリケーションやデータベースの運用管理者への聞き取り調査を通じて、すでに対策しているシステムの運用・設定、利用技術において、潜在的なデータ漏えいのリスクにさらされている領域を特定
・上記の分析を通じて、業務プロセスや既存のシステム設定変更、新しい技術の導入といった、セキュリティの改善計画の立案支援

を行う。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事