DNP、ECサイトや印刷物向けに写真を最適な画像に自動補正するソフトウェア

大日本印刷(DNP)は2月10日、スマートフォンやデジタルカメラで撮影した写真の色調のバランスやコントラストなどを自動的に調整し、最適な画像に補正する「DNP画像色補正サーバーソフトウェア Color Essenceサーバー」を同日より発売すると発表した。

このソフトは、DNPが開発した写真画像を自動補正するプログラム「DNP画像色補正ライブラリ」を画像処理エンジンとして組み込んだソフトウェアで、写真データを管理するサーバにインストールすることで利用できる。機能としては、明るさ補正、色バランス補正(ホワイトバランス調整)、コントラスト補正、色調補正、シャープ補正、ノイズ除去を備える。

「DNP画像色補正サーバーソフトウェア Color Essenceサーバー」の概要

ソフトウェアで管理する入力フォルダと出力フォルダを作成し、入力フォルダにデジタルカメラやスマートフォンで撮影した画像を登録するだけで、出力フォルダに色補正された画像が自動的に生成されるという。

全自動で補正処理を行うため、色補正に関する専門的な知識や操作は必要なく、大量の画像データを一括で補正することも可能。写体や用途別に画質調整パラメータをカスタマイズして、個別の入力フォルダに割り当てることで、最大10種類の補正処理を使い分けることが可能だという。

対応画像フォーマットはJpeg、TIFF、BMPで、8万画素以上~3500万画素以下の画素数に対応。価格は300万円(税別)。Windows、Linuxに対応する。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事