JALとANA、国際線全路線で燃油サーチャージなしへ - 6年半ぶり

 

4月より海外渡航の負担が軽減される

JALとANAは4月1日~5月31日発券分に対する燃油サーチャージに対して、国際線の全路線で適用しない見通しとなっている。燃油サーチャージゼロとなるのは約6年半ぶりとなる。

燃油サーチャージは燃油特別付加運賃とのことで、原油価格の高騰した際、航空燃料費用の一部を利用者に負担する料金となっている。JALとANAはともに直近2カ月のシンガポールケロシン市場価格の平均をもとにしており、2カ月間の平均燃油価格が1バレル=6,000円を下回った場合は、燃油サーチャージを適用していない。

4月1日~5月31日発券分の燃料サーチャージは、2015年12月~2016年1月の平均から計上されるが、この期間のシンガポールケロシン平均が1バレル=6,000円未満となるため、燃油サーチャージの適用対象外となる見通しとなっている。正式には2月中旬~下旬頃に発表される。なお、キャセイパシフィック航空などの海外航空会社には、2月1日より燃油サーチャージを徴収していないところもある。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ASRock、「SLI HBブリッジ」を単品販売 - 価格は税別2,750円前後
[20:53 8/26] パソコン
ジョニー・デップ、アンバー・ハードの寄付を尊敬
[20:37 8/26] エンタメ
ダイヤモンドより硬い「グラフェン」を使ったイヤホン、そのサウンドは?
[20:26 8/26] スマホとデジタル家電
コーヒーマシンに見守り機能? 意外な組み合わせで攻めるネスレ日本
[20:25 8/26] 経営・ビジネス
ドスパラ、「パーツ館増床記念セール」の詳細を公開 - 28日まで開催
[20:24 8/26] パソコン