みずほ銀行、勘定系システム基盤として日立のプライベートクラウド採用

 

日立製作所は2月9日、同社の従量課金型プライベートクラウド・1サービスが、みずほ銀行の次期勘定系システムの基盤の1つとして採用されたことを発表した。

同サービスは、みずほ銀行のデータセンター内に日立が保有するサーバやストレージを設置し、プライベートクラウド型ストレージサービス「ストレージユーティリティマネジメントサービス」と、そのオプションであるプライベートクラウド型サーバサービスを組み合わせ、ITリソースの使用量に応じた従量課金型で提供するもの。

みずほ銀行が勘定系システム基盤として採用するプライベートクラウド・サービスの概要

ハードウェアには、ハイエンドブレードサーバ「BS2500」、エンタープライズディスクアレイシステム「Hitachi Virtual Storage Platform G1000」、仮想ファイルプラットフォーム「Hitachi Virtual File Platform」などが利用される。

システムは、本番環境と災害対策・準本番環境を完全に二重化した構造であるため、ソフトウェアの更新作業のほか、災害やシステム障害などの発生に伴う保守作業時も業務を継続可能な無停止環境を実現する。

同サービスの利用により、みずほ銀行は、複雑かつ大規模な勘定系システムに求められる性能・容量・品質を備えたITリソースを柔軟に利用してコストを最適化しつつ、運用・管理にかかる業務負荷を低減できるとしている。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Windows 10ミニTips 第121回 OneDriveの同期を一時停止する
[00:00 9/30] パソコン
ブラッド・ピット、映画試写会への参加断念「今、家庭の問題に焦点を…」
[23:49 9/29] エンタメ
東尾理子、夫・石田純一の出馬騒動への不満爆発!?「話が下手なのに」
[23:37 9/29] エンタメ
きくち正太がおとなの週末に登場、イブニングで島耕作の上司・中沢喜一の読切も
[23:17 9/29] ホビー
劇場版『マジェスティックプリンス』、サブタイトル決定! 新ビジュアル公開
[23:00 9/29] ホビー