中日・小笠原、ロッテ・平沢とルーキーたちがアピール 9日のキャンプ情報

 

 9日は練習試合、シート打撃など実戦を想定した練習を行う球団が多く、日本ハムは韓国ロッテと練習試合を行った。斎藤佑樹が先発したが、3回6安打3失点と結果を残せず。

 ルーキーたちを見てみると、ロッテの平沢大河が、シート打撃でプロ初安打を記録。中日の小笠原慎之介はブルペン入り。6割から7割の力と話しながらも、最速146を計測した。

 9日のキャンプ情報は以下の通り。

■ソフトバンク
武田翔太
→昨季13勝を挙げた武田が、今キャンプ初めてフリー打撃に登板。福田、上林と対戦し、51球でヒット性の当たりを6本に抑え込んだ。ボール球が多く制球に苦しんだように見えたが「外角低めの出し入れの問題です」と話した。

■日本ハム
斎藤佑樹
→韓国ロッテとの練習試合に先発した斎藤佑は、3回6回安打3失点とピリッとしなかった。初回と2回は先頭打者の出塁を許したが、ダブルプレーで切り抜ける。しかし、3回一死から4連打を浴び3点を失った。

■ロッテ
平沢大河
→平沢はキャンプで2度目のフリー打撃を行い、初安打を記録。7日のフリー打撃では2打数0安打。この日の第1打席も二ゴロに倒れたが、2打席目に阿部からライト前に運び嬉しい初安打をマークした。

■西武
バンヘッケン
→新外国人のバンヘッケンが、フリー打撃に登板。木村文、金子を相手に約40球を投げ込んだ。身長193センチの大型左腕は、昨季韓国・ネクセンで15勝を挙げており実力は十分。紅白戦、オープン戦とアピールを続けていきたい。

■オリックス
金子千尋
→エース・金子が今キャンプ2度目のブルペン入り。この日は、感覚を確かめるように1球1球丁寧に投げたが、コントロールに苦しんだ。

■楽天
松井裕樹
→第1クールは4日連続でブルペンに入ったが、第2クールは7日に投球練習を行っただけ。投げ込みを積極的に行わなかった理由について、松井裕は「今は無理をする時期もない」と明かしている。

■ヤクルト
山田哲人
→打撃では昨季、トリプルスリーを達成するなどリーグ優勝に大きく貢献した山田。この日は、川端とともに特守を行い、約1時間ノックを受けた。セ・リーグの二塁には名手・菊池(広島)がいるが、今季こそゴールデングラブ賞を受賞したいところだ。

■巨人
マシソン
→先発の調整を行っているマシソンが、フリー打撃に登板。重信、立岡を相手に46球を投げ込み、安打性の打球を0本に抑えた。ただ、ボール球が多くコントロールに課題を残した。

■阪神
ヘイグ
→三塁のレギュラー候補の新外国人・ヘイグが来日初の特打を行った。打撃投手を務めたオマリー打撃コーチ補佐から59スイングで、19本のサク越え。レギュラーを争う今成、新井がアピールを続けているだけに、負けてはいられない。

■広島
船越涼太
→この日の紅白戦にスタメン出場予定だったが、右肩を痛めて欠場。8日のシート打撃でチーム第1号を放ちドラフト4位ルーキーだったが、痛い離脱となった。

■中日
小笠原慎之介
→「今日は6~7割くらいの力で投げました」。第3クール初日となったこの日、ブルペンで初めて捕手を座らせ、33球を投じた。力を抑えながらの投球だったが、最速146キロを計測した。

■DeNA
山口俊
→開幕投手が内定している山口が、シート打撃に登板。打者8人に対して、4者連続を含む5つの三振を奪った。キャンプ初日からブルペンで積極的に投げ込む右腕は、順調に調整が進んでいる印象だ。


本記事は「ベースボールキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

北島三郎、ダウンタウン&坂上に『紅白』の裏側暴露 - 美空ひばりの思い出も
[09:05 7/29] エンタメ
トップ人材育成へ、東大らがセキュリティ演習環境を東京・八重洲に設置
[09:00 7/29] 企業IT
離島問題の解決なるか! ヤマトが進める漁業支援とは
[09:00 7/29] 経営・ビジネス
ロレアルの取り組みに学ぶ、企業が“社会的責任”を果たす意義
[09:00 7/29] 企業IT
Mac Fan 9月号発売! 特別付録は「MacでSwiftプログラミング」
[09:00 7/29] パソコン