伊藤計劃・円城塔原作の屍者をめぐる冒険劇「屍者の帝国」コミカライズ1巻

 

「屍者の帝国」1巻

樋野友行が月刊ドラゴンエイジ(KADOKAWA)で連載する「屍者の帝国」1巻が、本日2月9日に発売された。

「屍者の帝国」は伊藤計劃・円城塔のSF小説を原作とした、屍体を操る技術が確立された世界を描くコミカライズ作品。屍者となった親友・フライデーの魂を蘇生させようとする医学生・ワトソンが、政府の諜報員として屍者の情報を求め冒険する。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

MRJ、北米フェリーフライトの写真公開--グラント・カウンティ空港へ
[12:20 9/29] 趣味
NECソリューションイノベータ、データ分析でブドウの収穫予測を自動判定
[12:16 9/29] 企業IT
わずか3gのBluetoothタグから人工衛星まで、変化を見せたKDDI ∞ Labo
[12:01 9/29] 企業IT
木星の衛星「エウロパ」で水蒸気が噴出か? - ハッブル宇宙望遠鏡が観測
[12:00 9/29] テクノロジー
漫画「いたずらオウムの生活雑記」 第354回 膝よりはマシだけど
[12:00 9/29] 趣味

本音ランキング