伊藤計劃・円城塔原作の屍者をめぐる冒険劇「屍者の帝国」コミカライズ1巻

 

「屍者の帝国」1巻

樋野友行が月刊ドラゴンエイジ(KADOKAWA)で連載する「屍者の帝国」1巻が、本日2月9日に発売された。

「屍者の帝国」は伊藤計劃・円城塔のSF小説を原作とした、屍体を操る技術が確立された世界を描くコミカライズ作品。屍者となった親友・フライデーの魂を蘇生させようとする医学生・ワトソンが、政府の諜報員として屍者の情報を求め冒険する。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

重要性が増す企業でのCSIRT構築および運用における実態調査
[17:09 7/1] 企業IT
JAL×ポンタ「JAL Pontaカード」誕生 - "ポンタパイロット"を機内でも配布
[17:01 7/1] 趣味
米IBM、インメモリーデータベースの新バージョン「IBM DB2 V11.1」
[16:59 7/1] 企業IT
日産「キューブ」一部仕様向上、エントリーモデルに本革巻きステアリングも
[16:50 7/1] ホビー
【レビュー】Windows 10 Insider Previewを試す(第58回) - 7回のビルドアップを行った2016年6月最後のビルド14379
[16:46 7/1] パソコン

本音ランキング