松井、若松、山田…今春キャンプで目立つ大物臨時コーチたち!

巨人で臨時コーチを務める松井秀喜氏(写真はヤンキース時代)

 現役時代に巨人やヤンキースで活躍した松井秀喜氏、選手・監督でヤクルトの優勝に貢献した若松勉氏、オリックス、中日で投手コーチを務めた山田久志氏など、春季キャンプで臨時コーチとして選手を指導する大物OBが目立っている。

 その中でも、注目は何と言っても松井氏だろう。これまでは指導期間が短かったが、キャンプ前に行われたミーティングから参加。若手選手だけでなく、坂本勇人、長野久義、阿部慎之助といった主力選手にも時間をかけてアドバイスを送っている。松井氏は多くを語らなかったが、阿部には長距離砲としての極意を送ったそうだ。

 投手に対しても、積極的に声をかけている。ブルペンで投げ込むドラフト1位ルーキー・桜井俊貴の投球を、自ら打席に立ってチェック。「遠慮なく投げ込んで。当ててもいいよ」と再び膝元に沈むカーブを要求し、外角のストレートには「ナイスボール」と称賛した。

 また、若松氏は、6日からヤクルトの臨時打撃コーチとして参加している。ドラフト5位で入団したルーキー・山崎晃太朗を、プロ入りした時の青木宣親(現マリナーズ)よりも上と絶賛。広角に打ち分ける打撃を評価し、将来は青木以上の選手になる可能性があるとした。

 投手の臨時コーチでは、山田氏が6日からオリックスの投手陣を指導している。昨秋のキャンプでサイドスローに転向した高木伴に、身振り手振りを交えて熱血指導。昨季故障で7勝止まりだったエースの・金子千尋に対しては「20勝、沢村賞、優勝に導くことをやってみなさい」と注文をつけていた。

 その他にも、下柳剛氏が阪神、土井正博氏が中日などで、臨時コーチを務める。シーズン中に選手たちを直接指導することができないだけに、少ない期間で多くのことを伝えたいところだ。


本記事は「ベースボールキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事