レノボ、第6世代Core mを搭載した12型Windowsタブレット「MIIX 700」

 

レノボ・ジャパンは9日、CPUに第6世代Intel Core mプロセッサを搭載した12型Windowsタブレット「Lenovo MIIX 700」を発表した。12日に量販店、16日にレノボ・ショッピングで発売し、レノボ・ショッピングにおける最小構成の価格は税別131,000円。

Lenovo MIIX 700

画面解像度が2,160×1,440ドット(アスペクト比3:2)の12型ディスプレイを搭載した2in1タブレット。背面に「Lenovo YOGA」シリーズで採用する「ウオッチバンドヒンジ」を備えたキックスタンド搭載し、自立した状態で利用できるほか、キーボードフォリオと組み合わせることでノートPCのように使うこともできる。

付属のキーボードカバーは取り外し可能

背面にキックスタンドを備える。ヒンジ部分はLenovo YOGAシリーズでおなじみのウオッチバンドヒンジ

主な仕様は、CPUが第6世代Intel Core m3-6Y30(900MHz)、メモリが4GB LPDDR3L、ストレージが128GB SSD、ディスプレイが12型フルHD+(2,160×1,440ドット)液晶、OSがWindows 10 Home 64bit。

通信機能は、IEEE 802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.1。インタフェースは、USB 3.1 Type-C×1、USB 2.0×1、Micro HDMI×1、microSDスロット、音声入出力など。カメラは前面と背面いずれも500万画素で、背面はAFに対応するフラッシュを備える。バッテリ駆動時間は約7.5時間(最小構成)。付属キーボードは87キーの日本語配列。タッチパッドを備える。

本体サイズと重量は、タブレット本体がW292×D210×H9mm/約750g。キーボード装着時でW293×D224×H14.5mm/約1.08kg。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

岡田結実、母との初共演に「何を言われるのかドキドキした」
[10:00 10/1] エンタメ
霊山に巨石がゴロゴロ!神の島誕生の秘密が明らかに『ブラタモリ』
[10:00 10/1] エンタメ
『宇多田ヒカル~ライナーノーツ~』60分拡大版を放送
[10:00 10/1] エンタメ
ジョニー・デップ、『オリエント急行殺人事件』リメイク版に出演決定
[10:00 10/1] エンタメ
劇場版『マジェスティックプリンス』、本編上映後にオリジナルボイスドラマ
[10:00 10/1] ホビー