オリンパス、24倍ズーム×5軸手ぶれ補正採用コンデジ「STYLUS SH-3」

オリンパスは2月9日、光学24倍ズームレンズと光学式5軸手ぶれ補正機能を搭載したコンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS STYLUS SH-3」を発表した。発売は2月26日で、価格はオープン。推定市場価格は税別37,000円前後。シルバーとブラックの2色を用意する。

OLYMPUS STYLUS SH-3

STYLUS SH-3は、広角25mmから超望遠600mm(35mm判換算)までの焦点距離をカバーする、光学24倍ズームレンズ搭載のデジタルカメラ。2015年3月発売の「STYLUS SH-2」から、新たに6種類のアートフィルターを追加。また、4K/15pの動画撮影機能を新搭載している。

本体デザインは「OLYMPUS PEN」を継承し、上面や操作部にはアルミ合金を使用。レンズの鏡枠周囲と台座部はダイヤカット加工を施し、ボディ前面は丈夫でしなやかなシンセティックレザーを採用する。モードダイヤルは削り出しで、アヤメ状のローレット加工を施しダイヤカットを追加している。

クリックして画像を拡大

レンズ構成は10群11枚(非球面レンズ3枚、EDレンズ3枚)で、レンズを構成する5群を駆動させ、ズーミングとピント合わせを効率的に行う機構を採用。高倍率でも解像度が高く各種収差の少ない画像を撮影できる。望遠域で被写体に40cmまで近づけるテレマクロ機能を搭載。スーパーマクロ時の最短撮影距離は0.03m。

光学式5軸手ぶれ補正では、2軸の角度ぶれのほか、レンズの中心軸周りの光軸回転ぶれとマクロ撮影で起こりやすいシフトぶれを補正。ムービー撮影時では、電子的にも5軸の補正を行なう「ハイブリッド手ぶれ補正」となり、ゆっくりとした大きなぶれも抑制できる。

主な仕様は、撮像素子が有効1,600万画素の1/2.3型CMOSセンサー、レンズの開放F値がF3.0~F6.9、対応感度はISO125~ISO6400、シャッター速度が1/4~1/2,000秒(マニュアルで最長30秒まで)。背面のディスプレイは約46万ドットの3型液晶(タッチパネル方式)。利用可能な記録メディアはSD/SDHC/SDXCカードと内蔵メモリ(約37MB)。動画の記録形式はMOV(H.264)、連続記録時間は29分でファイルサイズは4GBまで。本体サイズはW108.8×D42.4×H63.2mm、重量は271g。(バッテリー、メモリーカード含む)。

専用のボディージャケット「CSCH-120」と本革ショルダーストラップ「CSS-S109LLII」を装着したイメージ

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事