レノボ、薄型軽量クラムシェルノート「ThinkPad X1 Carbon」新モデル

 

レノボ・ジャパンは9日、薄型軽量の14型ノートPC「ThinkPad X1 Carbon」の新モデルを日本国内で発売した。最小構成時の価格は税別221,000円。

新ThinkPad X1 Carbon

薄型化と軽量化を追及してきたプレミアムノートPCの新モデル。筐体をさらにリファインすることで、本体サイズと重量を、従来モデルのW331×D226.5×H17.7mm/約1.31kgから、W333×D229×H16.45mm/約1.18kgまで削減した。その一方で、大和研究所など実施される200項目以上のストレステストをクリアし、ThinkPadならではの堅牢製を維持する。

従来モデルからさらなる薄型軽量化を実現

CPUに第6世代Coreプロセッサを採用。ディスプレイのWQHD対応や、搭載可能なメモリ容量が最大16GBまでとなったことに加え、最大512GB PCIe NVMe SSDのサポートなど基本的なスペックやインタフェースも強化する。

最小構成は、CPUがIntel Core i5-6200U(2.3GHz)、メモリが4GB、ストレージが192GB SATA SSD、グラフィックスがIntel HD Graphics 520(CPU内蔵)、ディスプレイが14型フルHD(1,920×1,080ドット)液晶、OSがWindows 7 Professional(Windows 10 Pro 64bit ダウングレード権行使)。

上位モデルとしてIntel Core i5-6300U(2.4GHz)/8GBメモリ搭載モデルと、Intel Core i7-6600U(2.6GHz)/8GBメモリ搭載モデルを用意する。価格はぞれぞれ税別240,000円と266,000円。このほかCTOによるカスタマイズにも対応する。

通信機能はギガビット対応有線LAN(付属のイーサネットアダプタ利用)、IEEE802.11ac/a/b/g/n、Bluetooth v4.1。インタフェースは、OneLink+、USB 3.0×3(うち1基がPowered USB)、HDMI×1、Mini DisplayPort×1、microSDカードリーダ、オーディオポートなど。バッテリ駆動時間は最大約8.2時間(最小構成時)。本体サイズはW333×D229×H14.95~16.45mm、重量は約1.18kg。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

上場企業の平均年間給与は622万3000円、トップ企業は1741万円
[14:22 7/27] 企業IT
Nutanix、ハイパーコンバージド製品のDockerサポートなど新機能を発表
[14:06 7/27] 企業IT
御伽ねこむが第1子出産を報告、藤島康介氏とは「一緒にいて一番の幸せ」
[14:05 7/27] ホビー
駅やホームにポケモン出さないで! 全国のJR・私鉄が「ポケモンGO」に要請
[14:01 7/27] スマホとデジタル家電
メルセデス・ベンツ新型Eクラス発表、自動運転へ"ドライブパイロット"搭載
[13:59 7/27] ホビー