iPad Proのスクリーン上をタッチしながら自走するロボット「TABO」誕生!

バスキュールは8日、プログレス・テクノロジーズとの共同チーム「touch.plus」の第1弾プロダクトとして、スクリーン上でタッチしながら自走するiPad Pro専用ロボット「タブレットボット・TABO(ターボ)」を発表した。同機は、2月26日に東京都・虎ノ門ヒルズにて開催される「SENSORS IGNITION 2016」のエキシビション会場にて披露される。

iPad Pro専用ロボット「タブレットボット・TABO(ターボ)

「TABO」は、iPad Proの上でタッチスクリーンと連動して動くロボット。2個のステッピングモーターによりiPad Proのスクリーン上を自在に走ることができるという。底部には3点のタッチ機構を備え、自らの位置情報を常にタブレットにフィードバックすることで、スクリーンの中とその上に乗っているTABOの動きが完全に同期したコンテンツを開発できるということだ。

また、同機の制御はBluetooth LE通信を介してiPad Proなどの外部端末から行うが、Swift言語に対応したSDKが用意されており、誰でもTABOコンテンツを開発できるとしている。

なお、同機は、2月26日に東京都・虎ノ門の虎ノ門ヒルズにて開催される「SENSORS IGNITION 2016」のエキシビション会場において実機が披露される。そこでは、TABOとユーザーがスクリーン内でピンポンゲームを対戦できる「TABO PONG」をはじめ、ゲームを通じてプログラミングの概念を学べる「TABO MAZE」や、音楽に合わせてTABOが世界のニュースを語る「TABO NOW」といったデモコンテンツを体験できるという。

さらにTABOは、2月12日~14日に開催される「コネクテッドミニカー」(インターネット経由で操作可能なミニカー)によるオンライン上のドラッグレース大会である「ホンダオートテラス presents 中古車グランプリ」でも採用される。TABOを特設サイト上で選択した中古車のスペックに応じて細かく走行性能をチューニング、さらにはコースとなる18枚のiPad Proと連携し、走行しているTABOの正確な位置が分かることで中継カメラを自動で切り替えることが可能になるとのことだ。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事