"カンフー・パンダ"3作目が首位キープ、『高慢と偏見とゾンビ』映画版も初登場 - 北米週末興収

神野恵美  [2016/02/08]

Kung Fu Panda 3

米BOX OFFICE MOJOは2月5日~2月7日の全米週末興業成績を発表した。

『Kung Fu Panda 3(原題)』が今週も首位をキープ。2週連続でトップに立ち、累計興行収入は6,905万957ドルとなった。

前週2位の『レヴェナント: 蘇えりし者』を3位に抑え、『Hail, Caesar!(原題)』が2位に初登場。ジョエル&イーサン・コーエン兄弟の最新作で、1950年代のハリウッド黄金期を舞台に、映画界の内幕を描いたミュージカル・コメディ。ジョージ・クルーニーをはじめ、チャニング・テイタム、スカーレット・ヨハンソンなどハリウッド大スターがキャストに名を連ねる。

歴史的ヒット記録を更新し続けている『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は前週3位から4位へと今週もワンランクダウン。公開から1カ月以上経過し、その勢いは失速しつつあるものの、累計興行収入は9億596万1,469ドルとついに9億ドルの大台を突破した。

5位は初登場の『The Choice(原題)』。『きみに読む物語』などの作品でおなじみのニコラス・スパークスの同名小説『きみと選ぶ道』を映画化した作品で、隣人として出会った男女が恋愛関係に発展していく命運を描く。主演は『白鯨との闘い』のベンジャミン・ウォーカーと『ウォーム・ボディーズ』のテリーサ・パーマー。

その他6位にも『Pride and Prejudice and Zombies(原題)』が初登場した。原作はジェーン・オースティンの文芸小説『高慢と偏見』をセス・グラハム=スミスがマッシュアップした『高慢と偏見とゾンビ』。

北米週末興行成績TOP 10(2月5日~2月7日)

順位 先週順位 作品名 週末興行収入 累計興行収入 日本公開日 週経過
1 1 Kung Fu Panda 3(原題) 2,100万ドル 6,905万957ドル 未定 2
2 Hail, Caesar!(原題) 1,144万ドル 同左 未定 1
3 2 レヴェナント: 蘇えりし者 710万ドル 1億4,970万3,403ドル 4月公開 7
4 3 スター・ウォーズ/フォースの覚醒 689万ドル 9億596万1,469ドル 公開中 8
5 The Choice(原題) 608万5,000ドル 同左 未定 1
6 Pride and Prejudice and Zombies(原題) 520万ドル 同左 未定 1
7 4 ザ・ブリザード 471万5,000ドル 1,838万660ドル 2月27日 2
8 5 Ride Along 2(原題) 452万ドル 7,720万6,830ドル 未定 4
9 7 The Boy (2016)(原題) 409万8,000ドル 2,689万5,684ドル 未定 3
10 6 Dirty Grandpa(原題) 405万ドル 2,938万9,753ドル 未定 3

写真で見るニュース

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[浅田真央選手]姉・舞とNMB48冠バラエティーに出演 号泣するメンバーも
[00:00 5/25] エンタメ
[orange]本ビジュアル公開 松本の美しい風景描く
[00:00 5/25] ホビー
[マガジン]「聲の形」作者の新連載が今秋スタート 胸を締め付けるファンタジー
[00:00 5/25] ホビー
[松田聖子]下着姿を披露 トリンプのイメージキャラクターに
[00:00 5/25] エンタメ
[咲-Saki-]スピンオフマンガ「怜-Toki-」連載へ
[00:00 5/25] ホビー

本音ランキング

特別企画 PR