2015年の実質賃金は0.9%減、4年連続マイナスに - 給与総額は2年連続増

  [2016/02/08]

厚生労働省は2月8日、2015年の毎月勤労統計調査(速報、事務所規模5人以上)を発表した。

2015年の毎月勤労統計調査(速報、事務所規模5人以上)

これによると、基本給や手当、ボーナスなどから所得税や社会保険料などを差し引く前の金額、いわゆる"額面"の月平均「現金給与総額」(1人当たり)は31万3,856円。昨年比0.1%増で、2年連続の増加となった。

現金給与総額のうち、所定内給与と所定外給与を合わせた「きまって支給する給与」は0.2%増の25万9,298円、ボーナスなどの「特別に支払われた給与」は0.8%減の5万4,558円だった。

一方で、賃金が実際の社会でどれくらいの物品の購入に使えるかを示す「実質賃金」は、前年比0.9%減に。4年連続の減少となった。

関連したタグ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

エプソン、幅45mmのウルトラコンパクトPC - 光学ドライブ搭載モデルも
[11:04 5/31] パソコン
「妊婦の歯周病が早産リスクを高める」 ‐ 子を持つ男女の7割は知らず
[11:02 5/31] ヘルスケア
日本HP、23.6型4K液晶を採用した一体型ワークステーション「HP Z1 G3」
[11:00 5/31] パソコン
経営者は「経済小説」がお好き? - 社員との意識比較調査発表
[11:00 5/31] マネー
【インタビュー】ティントリが注目するテクノロジーとは? - 米Tintri EVP Tony Chang氏に聞く
[11:00 5/31] 企業IT