2015年の実質賃金は0.9%減、4年連続マイナスに - 給与総額は2年連続増

 

厚生労働省は2月8日、2015年の毎月勤労統計調査(速報、事務所規模5人以上)を発表した。

2015年の毎月勤労統計調査(速報、事務所規模5人以上)

これによると、基本給や手当、ボーナスなどから所得税や社会保険料などを差し引く前の金額、いわゆる"額面"の月平均「現金給与総額」(1人当たり)は31万3,856円。昨年比0.1%増で、2年連続の増加となった。

現金給与総額のうち、所定内給与と所定外給与を合わせた「きまって支給する給与」は0.2%増の25万9,298円、ボーナスなどの「特別に支払われた給与」は0.8%減の5万4,558円だった。

一方で、賃金が実際の社会でどれくらいの物品の購入に使えるかを示す「実質賃金」は、前年比0.9%減に。4年連続の減少となった。

関連したタグ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【レポート】「PCがウイルスに感染しました」偽警告で電話させる手口が急増
[10:00 6/26] パソコン
【連載】iPhone基本の「き」 第203回 覚えてるはず、なのに……Apple ID「セキュリティ質問」の回答を忘れたら
[10:00 6/26] 携帯
濃厚な味わいなのに1粒あたり糖質0.4g! 低糖質生チョコレートが新登場
[10:00 6/26] ヘルスケア
[おそ松さん]オールフリーのキャンペーン告知動画第5弾は十四松 「素振り3000回だぁ!」
[09:00 6/26] ホビー
[真田丸]浅利陽介、再び小早川秀秋に「軍師官兵衛」に続き 「裏切るつもりは…」
[09:00 6/26] エンタメ