JBL、小型Bluetoothテレビスピーカー「BOOST TV」に新色ホワイト

ハーマンインターナショナルは2月5日、JBLの小型テレビスピーカー「BOOST TV」に、新色ホワイトを追加した。発売は2月下旬から。価格はオープンで、直販価格は税別24,880円前後。

「BOOST TV」ホワイトモデル

BOOST TVは、本体サイズがW376×D122×H84mmとコンパクトなテレビスピーカー。2015年11月にブラックを発売しており、今回、機能が同等の新色ホワイトが追加された。

使用ユニットは50mm径ドライバー×2で、最大出力は30W(15W×2)。音声入力インタフェースは光デジタル×1、アナログ×1、Bluetooth 3.0+EDR×1で、テレビの音声出力を有線接続して再生できるほか、スマートフォンやタブレットなどとBluetooth接続し、ワイヤレススピーカーとして使うこともできる。

機能面では、テレビの視聴中にスマートフォンなどとBluetooth接続した際、自動でBluetoothでの音楽再生に切り替わる「JBLサウンドシフト」機能や、デバイスを3 台まで同時にBluetooth接続し交互に音楽再生することができる「ソーシャルモード」機能、JBLの対応スピーカー同士(2台)をワイヤレス接続する「JBLコネクト」機能などをサポート。周波数特性は60Hz~20kHz。重量は約1.6kg。

設置例(写真はブラックモデル)

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事