マルシェ風ワゴンが並ぶ横浜の洋館カフェ。世界各国の珍しいサンドイッチをどうぞ

 

マルシェ風ワゴンが並ぶ横浜の洋館カフェ。世界各国の珍しいサンドイッチをどうぞ

みなとみらい線馬車道駅に直結する「YCC ヨコハマ創造都市センター」は、1929年築の「旧第一銀行横浜支店」のクラシックな建物を利用したクリエイティブ系のコミュニティ施設。シェアオフィスやものづくり工房、イベントスペースを備えた館内の1階にある「カフェオムニバス」はこの施設の広場のような存在で、誰でも気軽に利用することができます。

カフェは電源利用可能でFree Wifi完備なので、パソコンを持ち込んで作業するクリエイティブ系ノマドワーカーの姿もちらほら。テーブル席のほか、カウンター席やボックス席がゆったりと配置されている店内は居心地満点です。

店内には、5組のクリエイターによってデザインされたユニークな移動式ワゴンを設置。それぞれにフォルムの異なるワゴンはサラダバーやドリンクバーなどのフードカートになっていて、マルシェを訪れたような楽しい気分にさせてくれますよ。

「カフェオムニバス」ではベトナムやフランス、イスラエルにジャマイカなど、さまざまな国の名物サンドイッチが食べられます。

中でも人気があるのは南米発祥の「キューバサンド」。外側をカリッと焼いたパニーニに、ハムやピクルス、とろりとしたエメンタールチーズをはさんだキューバの名物サンドイッチです。

また、オリジナルの「オムニバスバーガー」もおすすめ。自家製豚ハムと赤キャベツのマリネ、マンゴーという意外な組み合わせの具材をはさんだバーガーに、とろりとしたヨーグルトソースがかかっています。ちょっと変わったハンバーガーですが、食べてみるとハムの旨みとマンゴーの甘さ、ヨーグルトの酸味が口の中に広がって、病みつきです。

ランチタイム(11:30〜15:00)には、これらのサンドイッチやバーガーなどが選べる「本日のランチプレート」をどうぞ。スープにドリンクバーとサラダバーが付いて900円とお得です♪

ランチタイムはユニークなワゴンに盛られたサラダバーが食べ放題。紅芯大根、アイスプラント、プチヴェールなど、鎌倉野菜や三浦野菜を中心とした旬の野菜がたっぷりと用意されています。

備え付けのドレッシングやエクストラバージンオリーブオイル、粗引き黒胡椒、岩塩など、お好みの味で新鮮な野菜をたっぷりいただきましょう。

ディナータイム(17:30〜22:00)は、好みのサンドイッチやバーガーにお任せ前菜が2種類付く「ディナーセット」(1000円)のほか、自家製ハムや野菜を使ったお惣菜など、カジュアルに楽しめるバルメニューが豊富に揃っています。

フランス産やオーストラリア産など、こだわりの自然派ワインを約15種類揃えているほか、地元横浜で製造しているクラフトビールもありますよ。

スイーツはランチ、ディナーを通して「ティラミス」や「ガトーショコラ」(ともに550円)など、常時5種類を用意。三鷹にあるピッツェリア「武蔵野カンプス」のパティシエによる自家製スイーツが月替わりで楽しめます。

赤レンガ倉庫でのショッピングや横浜さんぽの合間に立ち寄りたい「カフェオムニバス」。サンドイッチやバーガーはテイクアウトもできるので、天気がいい日は、近くの象の鼻テラスなどで海を見ながら食べるのもいいですね。


本記事は「ことりっぷ」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

最新映画『ONE PIECE』初日に豪華声優陣が集結 - 劇中さながらのやりとりにファン興奮
[10:00 7/24] ホビー
劇場版『アクセル・ワールド』、ついに公開! キャスト登壇の初日舞台挨拶
[10:00 7/24] ホビー
待ち合わせのときiPhoneを役立てるベストな方法は? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[10:00 7/24] スマホとデジタル家電
[中島亜梨沙]「真田丸」“妖艶”吉野太夫 “干物女”と自称するギャップ
[09:00 7/24] エンタメ
EvernoteからOneNoteに移行するには? - イチからはじめるOneNote
[09:00 7/24] スマホとデジタル家電