たけし、清原容疑者の分岐点はドラフト「ジャイアンツに入っていれば」

 

タレントのビートたけし(69)が、6日に放送されたTBS系ニュース番組『新・情報7daysニュースキャスター』(毎週土曜22:00~)で、覚せい剤取締法違反の疑いで現行犯逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)の運命の分岐点は、1985年のドラフトだったのではと語った。

タレントのビートたけし

たけしは「すごい変な言い方だけど、ドラフトがすべてだったような気がして…。ジャイアンツに入っていれば」との考えを示し、「ジャイアンツは、"紳士たれ"とか規律が厳しい。パ・リーグの悪口言っているわけじゃないけど、あれが運命の分かれ道みたいな気がしてね」とコメント。そして、スターの転落を「もったいない」とつぶやいた。

また、「われわれの先輩たちはヒロポン(覚せい剤)中毒だった。薬局で売っていた合法な時代だった」と昔を振り返り、「おれは運がいい。そういうものが禁止された時に業界に入ったから、本当に助かった」とコメント。「落ち込んだらやっている可能性あるもん」と話した。

清原容疑者はPL学園時代、同期の桑田真澄氏とともに"KKコンビ"と呼ばれ、一世を風靡。1995年のドラフト会議では、巨人と相思相愛と言われていたが、巨人は桑田氏を指名し、清原容疑者は西武に入団することに。清原容疑者は会見で悔し涙を流した。

関連キーワード

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

『ガンダムBF』特番よりティターンズ色メイド「すーぱーふみな」が立体化
[17:00 8/26] ホビー
田辺誠一&大塚寧々、バラエティ初の夫婦コラボ! イラスト&ナレーション担当
[17:00 8/26] エンタメ
『LEGOムービー』続編、新主人公はバットマン! 17年4月公開決定
[17:00 8/26] エンタメ
働く女性の健康をサポート! 「まるのうち保健室カフェ」が期間限定OPEN
[16:52 8/26] ヘルスケア
iOSの標準アプリ『リマインダー』で情報を共有して買い忘れを予防する
[16:46 8/26] スマホとデジタル家電

本音ランキング