AKB48横山由依、思わせぶり発言で赤面&大慌て「変な風に書かないで~」

 

映画『9つの窓』の初日舞台あいさつが6日、都内で行われ、出演者でAKB48グループメンバーの横山由依、入山杏奈、木崎ゆりあ、茂木忍、中西智代梨が出席した。

映画『9つの窓』の先行上映舞台あいさつに出席した、前列左から、茂木忍、木崎ゆりあ、横山由依、入山杏奈、中西智代梨、後列左から、相島一之、谷内里早、松山優太、大沼遼平、杉浦大介

全国公開中の本作は、AKB48グループと『国際短編映画祭ショートショートフィルムフェスティバル&アジア』がコラボレーションしたオムニバス作品。コメディーやサスペンスなど短編ストーリー9本で構成されており、9人のメンバーがそれぞれの作品で主演を務めている。

グループ総監督の横山は、「チームAの初日公演も迎えるので、初日続きでうれしい。これからのAKB48は新しい時代に入っていくので、この作品がヒットすればノリに乗って行けるんじゃないかと思います。みなさんの力を貸してください!」と笑顔であいさつ。また、入山は、「劇場公演の初日とは違った緊張感があります」と心境を語り、茂木は、「今日は、私にとって女優デビューの日。新しい記念日が増えました」と晴れやかな表情を見せた。

イベントには、共演者の相島一之、松山優太、大沼遼平、杉浦大介、谷内里早も出席。NGT48キャプテンの北原里英と共演した相島は、開口一番、「撮影でも1回も会ってないんだけど……。総監督、どういうこと?」とこぼし、横山は、「すみません! 今日は新潟に行ってまして。私たちで我慢して頂けませんか?」と平身低頭。相島は、終始ボヤきながらも、「北原さんは"画面の中"で可愛かったです」とアピールして笑いを誘っていた。

続く共演者トークは、「大沼さんにすごく甘えちゃうんで、ファンの方が嫉妬してしまうかも」(木崎)、「入山さんの美しさが引き起こす事件を堪能してほしい。目力がすごくて引き込まれます」(松山)と大盛り上がり。そんな中、大野拓朗と"初恋"エピソードを演じた横山は、「私も大野さんとしゃべりたかったな……」と寂しそうにポツリ。入山に、「大野さんと何かあるんですか?」と突っ込まれ、「違う! 違う! 違いますよ~! 変な風に書かないでくださいね」と赤面しながら大慌てしていた。

関連キーワード

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

テリー伊藤、高畑淳子への影響を心配「バカ息子と一緒…共倒れの可能性が」
[11:06 8/28] エンタメ
松本人志、高畑裕太容疑者の母・淳子に苦言「息子にしっかりと怒りを」
[11:01 8/28] エンタメ
ラブリ「まだまだ恋愛をしたいです」初の写真詩集を出版
[11:00 8/28] エンタメ
Linuxが最初にリリースされた時のアナウンスメールからわかること
[11:00 8/28] 企業IT
自腹で買ったカバン、今までの最高額は何円?
[11:00 8/28] マネー

本音ランキング