手塚治虫「リボンの騎士」を上演する演劇部描いた舞台、主演は鈴木裕乃

鈴木裕乃

手塚治虫「リボンの騎士」を題材とした舞台「リボンの騎士-鷲尾高校演劇部奮闘記-」が3月10日より東京・六行会ホールにて上演される。主演を務めるのは、元私立恵比寿中学のメンバーで現在は女優として活躍する鈴木裕乃。

「リボンの騎士-鷲尾高校演劇部奮闘記-」は女子ばかりの弱小演劇部・鷲尾高校演劇部が、「リボンの騎士」を上演することになるさまをコミカルに描く青春ファンタジー。「リボンの騎士」のキャラクターたちも登場し、部員たちを優しく見守る。2014年にも上演されたこの舞台、今作では新たな物語設定も交えて描かれるという。

鈴木は「自分と同じ女子高生の役なので、リアルな女子高生の感情も役作りにとり入れるなどして演技のスキルを上げられるように頑張ります」と役柄に触れ意気込みをコメント。また主人公の親友役には、「ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』」で春野サクラ役を演じた伊藤優衣がキャスティングされた。チケットは明日2月7日10時より販売スタート。

鈴木裕乃コメント

今回、このお話をいただいた時にはとても驚きましたし、嬉しく思いました。また、同時に主演としての責任や重みのようなものを前回と同様、今回も強く感じました。この緊張感も楽しめるくらいに頑張って努力したいと思います!
自分と同じ女子高生の役なので、リアルな女子高生の感情も役作りにとり入れるなどして演技のスキルを上げられるように頑張ります。
共演者のみなさんに助けて頂くこともたくさんあると思いますが、ステキな楽しい舞台になるように頑張りますので、よろしくお願いします!

「リボンの騎士-鷲尾高校演劇部奮闘記-」

期間:2016年3月10日(木)~13日(日)
会場:六行会ホール

出演者:鈴木裕乃、 伊藤優衣、佐伯太輔、水谷あつし、増田裕生、岡田サリオ、能條由宇、佐々木昌美、半澤友里恵、井口夢子、今田実里、山崎絵里佳、峯岸舞依 ほか

原作:手塚治虫
脚本:横内謙介
演出:宇治川まさなり


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事