実際はどうなの!?みんなの勉強事情!

JC、JK、JDである以上はどうしてもつきまとう"勉強"。授業やテストなど嫌々ながら仕方なく受けている場合が多いはずです。
それでは、実際にティーンたちがどの程度勉強しているのか調査しました!


1日にどのくらい勉強してる?


1日に学校以外で勉強する時間が1時間以下(「しない」を含む)のティーンが70%以上!確かに、部活やバイト、友達との付き合いで忙しい彼女たちに勉強をする暇はないのかもしれません。とは言え、もう少し勉強しても良いような気もしますね・・・。
そこで、座談会に集まってくれたJKにも聞いてみました。
まず「我ながら勉強している方だと思う人」は、高校3年生が2人と高校2年生が1人。高校1年生の子は予習がメインで1日3時間は必ずしているそう。「ついていけなくなるのは嫌だし怖い」からだそうです。高校3年生2人は復習がメインで、やはり3時間くらい。「ベースとなる学校の勉強ができなければ塾でもついていけないし、受験で困ると思うから」と、ごもっともな意見。
一方、その場の大多数を占めた「やらない」子たちは「テスト前だけやる」、「課題はやる」、「まったくやらない」に分かれました。理由は「どうにかなる気がする(高1)」、「授業は聞いているが家ではやらない(高2)」「そもそもやろうと思ったことがない(高1)」など。
当たり前と言えばそうですが、やはり学生たちにとって勉強は「嫌なもの」でしかないのでしょうか。


勉強って必要だと思う?

さすがに、必要ないと思っているティーンは20%を切りました。一応「必要」だとは思っているようです。
そこで「必要ないと思う教科」を座談会で聞いてみると...。
もっとも人数が多かったのが、数学と理科。その理由の多くは「理科なんて分からなくても生きていける」、「数学は買い物をするようになれば自然に身につく」など。次に多かったのが体育。「成績の付け方が理不尽(高2)」、「生まれ持った体のつくりが違うのに、比べられても困る(高1)」など。次に英語でした。「確かに中学までの英語は大切だけど、高校からは文法より使える会話だと思う(高2)」という意見。
逆に誰一人として「必要ない」と思わなかった教科は国語と社会、音楽でした。「国語は日本人として絶対に必要(高3)」、「社会も好きではないけど一般常識を知るために必要(高3)」、「音楽などは楽しいし、自分の得意分野を見つけられそう(高2)」などという意見でした。

 

勉強をしなくてはいけないことも、必要なことも分かっていながら、家ではなかなかやる気になれないのが本音。少しでも興味を持てる授業や先生に出会えるといいですよね。

 

(回答数392人 マイナビティーンズ編集部調べ/2015年12月実施)
2015年12月座談会実施
ライター:いのまたまき


本記事は「マイナビティーンズ」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事