小林エリカ、放射能の歴史を辿る少年描く「光の子ども」2年ぶりの新刊

 

「光の子ども2」

小林エリカの単行本「光の子ども2」が、本日2月5日にリトルモアより刊行された。

「光の子ども」は2011年に生まれた主人公の少年・光と猫のエルヴィンが、マリ・キュリーの人生を辿り115年に及ぶ放射能の歴史を読み解いていく物語。最新刊では長寿の妙薬として世界的なブームを起こしたラジウムが、いかにして兵器となり悲劇をもたらしたのか、激動の時代について描かれる。巻末には放射能を取り巻く歴史が一目でわかる年表、地図のほか関連書籍が掲載された。

2013年12月に1巻が発売されて以来、約2年ぶりの新刊となる同書。リトルモアの特設サイトでは第1話の試し読みを公開しているほか、1巻刊行当時の小林のインタビューを読むことができる。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ほっともっと、野菜とスーパーフードが入った「20品目の彩り弁当」発売
[15:40 8/26] ヘルスケア
キャリーケースに猫が入ってくれない! どうすればいい?
[15:39 8/26] 趣味
有吉弘行、生放送で熱愛報道イジられ「私事ですが、本日…」
[15:31 8/26] エンタメ
ASUS、奥行き18.1cmのスリムな21.5インチ一体型デスクトップPC
[15:22 8/26] パソコン
広島県名物「もみじ饅頭」のお酒があるって、知ってた?
[15:19 8/26] 趣味

本音ランキング