小林エリカ、放射能の歴史を辿る少年描く「光の子ども」2年ぶりの新刊

 

「光の子ども2」

小林エリカの単行本「光の子ども2」が、本日2月5日にリトルモアより刊行された。

「光の子ども」は2011年に生まれた主人公の少年・光と猫のエルヴィンが、マリ・キュリーの人生を辿り115年に及ぶ放射能の歴史を読み解いていく物語。最新刊では長寿の妙薬として世界的なブームを起こしたラジウムが、いかにして兵器となり悲劇をもたらしたのか、激動の時代について描かれる。巻末には放射能を取り巻く歴史が一目でわかる年表、地図のほか関連書籍が掲載された。

2013年12月に1巻が発売されて以来、約2年ぶりの新刊となる同書。リトルモアの特設サイトでは第1話の試し読みを公開しているほか、1巻刊行当時の小林のインタビューを読むことができる。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【レポート】好調のアイス市場を牽引する立役者は「昭和生まれ」の“中年”商品!?
[09:30 6/27] 経営・ビジネス
[おそ松さん]オールフリーのキャンペーン告知動画第6弾はトド松 夏のバイトを始める…
[09:00 6/27] ホビー
【コラム】航空機の技術とメカニズムの裏側 第23回 航空機の動力系統(10)エンジンの騒音低減
[09:00 6/27] 企業IT
外国人は日本人のお金の使い方、どう思う?
[09:00 6/27] マネー
【連載】イチから復習! iPhone/iPadで活用したいビジネスアプリ 第41回 編集もできるマイクロソフト公式アプリ「Microsoft Word」
[09:00 6/27] 企業IT

本音ランキング