"脱出ゲーム"とタランティーノ監督の新作がコラボ! 大阪府・道頓堀で開始

 

タランティーノ監督『ヘイトフルエイト』とタイアップした脱出ゲームを開始

光明興業は2月6日より、同社が運営する謎解き脱出カフェ「時解 TokiToki~eScape cafe~(トキトキエスケープカフェ)」(大阪府大阪市中央区道頓堀)にて、新シナリオによる脱出ゲーム「THE HATEFUL8 ~鎖されたロッジからの脱出~」を開始する。

同作品は、謎解き脱出を体験をできるカフェ「時解 TokiToki~eScape cafe~」にて過去4回開催した『映画タイアップシリーズ』の新作。今回は、クエンティン・タランティーノ監督の映画『ヘイトフルエイト』(2月27日上映開始)とタイアップした。

映画と同じ雪山のロッジに閉じ込められた設定で、参加者(1ゲーム最大6人)が制限時間30分以内の脱出を目指すものとなる。随所に映画のエッセンスを盛り込んだシナリオに挑戦することにより、映画の世界観を体験できるという。また、タイアップ記念企画として、脱出達成者には映画鑑賞券(30人60組)もしくは公式パンフレット(20人)が当たる抽選に参加可能となる。

参加料金は、前売り1,500円・当日1,800円(税込)。なお、初心者でも楽しめる難易度設定となっている。営業時間は12時~21時で、定休日は月・火曜日(祝日の場合は営業)となる。

なお、大阪府では、SCRAPによるリアル脱出ゲームの常設店舗「アジトオブスクラップ」も2店舗を展開している。「アジトオブスクラップ心斎橋OPA」では『名探偵コナン』とのコラボレーションプログラムを公演。「アジトオブスクラップ大阪ナゾビル」では「なにわ探偵シリーズ」などに参加できる。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事