坂上忍、清原容疑者の"裏切り行為"は「やってられない」- 周囲の思い代弁

俳優の坂上忍(48)が5日、フジテレビ系情報番組『バイキング』(毎週月~金11:55~12:55)に生出演。覚せい剤取締法違反の疑いで現行犯逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)に言及した。

俳優の坂上忍

昨年8月に放送された同局の『ダウンタウンなう』特番で清原と共演した坂上は、その際に入れ墨を見せてもらったことを明かし、「けっこうな代物。ちょっとおしゃれな感じで、びっくりする面積」と説明した。

また、「プロ野球の監督はもちろん、高校野球の監督もやりたい」という話を聞いて、「入れ墨入れてて高校野球の監督ができるのか」と疑問を抱き、「この人は両方ほしがる人なのか」と思ったという坂上。子供に会いたい思いがありながら覚せい剤に手を出したことも、「両方」と思ったそう。そして、「入れ墨ではなく、高校野球の監督、子供に会うことを先に目指してたら、こんなことにはなってないんじゃないかと思うと、やるせなくなる」と無念の表情を浮かべた。

さらに、疑惑があったにも関わらず番組に出演していたことについて、「あれだけの大物だって、周りのサポートがなかったらテレビに出られない」と意見。「身近で動いてくれていた人たちに対するこの裏切り行為は、現場にいた人はやってられないと思う」と周囲の人たちの思いを代弁した。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事