Windows 10のデフォルト自動更新は企業に何をもたらすのか?

  [2016/02/05]

米MicrosoftがWindows 10から、継続的なOSの無料アップデートを開始すると発表し「Windows as a Service(WaaS)」、サービスとしてのWindowsに移行することを表明した。これはセキュリティという側面で見ると、どのようなインパクトがあるのだろうか。トレンドマイクロがブログで分析を行っている。

短期的には危険性も残す

トレンドマイクロは、「セキュリティで言えば、"間違いなく有利"」だと指摘する。更新プログラムのダウンロードやインストールが基本的に自動更新になるため、脆弱性対策の時間差が縮まる。ブラウザの例でいえば、Google Chromeはユーザーが気付かない間に更新版をダウンロードしてインストールする。この考え方をWindowsでも同じように反映するのが"WaaS"の考え方だ。これは、セキュリティ脆弱性がある場合に、事態が深刻な状態になる前に修正されたバージョンを使用できるため、穴が開いている期間が短くなるメリットがある。

その一方で、トレンドマイクロは「短期的に見た場合、いくつか危険性がある」と指摘。企業は自社で使用するソフトウェアが動作しなくなる恐れがあるため、更新しないケースがあるため、直近では更新についていけない可能性があるという。ただし、OS更新などで一旦WaaSの枠組みに入ってしまえば「最終的にセキュリティ状況は改善される」という。

企業の対応力が求められる

では、万事が万事、こうしたアップデートについて行けるのかというと、難しい側面もある。"慎重なペースを好む"企業とWaaSでは摩擦が起こるというものだ。多くの企業は「壊れていないものは直すな」という"格言"に従い、古いソフトウェア、廃止予定のソフトウェア、マニュアルに載っていないコードで書かれているような不安定な基盤の上で作られているソフトウェアを使い続けているとトレンドマイクロは指摘する。

しかし、ビジネス環境が大きく変わりつつある昨今、こうした状況のままでソフトウェアを利用することはメリットが少ない。WaaSへと移行しつつあるプラットフォームによって、企業も迅速な対応を求められる環境になることから、「苦痛を伴うこともある」(トレンドマイクロ)としつつも、変化に適応すべきとしている。

WaaSは、一般ユーザーにとっては、これまで同様に自動更新が行われるだけであるため、あまり対策を行う必要はない。一方で、企業はこれまで更新管理を行ってきた立場から「変化と管理の調度よいバランスを見つけることが課題」になるという。ただし、セキュリティ面で言えば、自動更新によって、大きな改善が図られることから、より安全な未来がもたらされるとして、企業に対応を求めている。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



IT製品 "比較/検討" 情報

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

CentOS 6.8登場
[09:00 5/27] 企業IT
IT業界で働く日本女性は有利か!?女性エンジニアの実情に迫る - 日本MS
[09:00 5/27] 企業IT
Holst/imecがセンサネットや将来のIoT向けに低消費電力無線チップを開発
[08:30 5/27] テクノロジー
【コラム】Windows 10ミニTips 第85回 UWP版「電卓」をショートカットキーで便利に使う
[08:20 5/27] パソコン
【コラム】サラリーマンが知っておきたいマネーテクニック 第53回 おすすめ投資信託は「ノーロード」&「インデックス型」&「バランス型」(1)
[08:00 5/27] マネー

特別企画 PR

求人情報