東京都の予想は1日遅く修正 - 九州~東北南部の桜開花予想

 

ウェザーマップはこのほど、第2回「さくら開花予想」を発表した。予想対象は、九州~関東・北陸・東北南部の42地点でのソメイヨシノとなる。

さくら開花前線(ウェザーマップ発表)

同社によると2016年のソメイヨシノの開花は、「平年並みか遅く」咲くところが多くなる見込み。2月は前半を中心に気温が高めで、3月も大幅な高温傾向となる予想となっている。しかし、暖冬の影響も大きいとみられるため、結果的に開花は平年並みか遅めとなるとのこと。

対象地点のうち、予想開花日が最も早いのは福岡の3月23日頃で、東京は平年並みの3月27日頃との予想となっている。暖冬による開花の遅れは、平年の気温が高い地域ほど影響が大きくなるため、九州の日本海側を除く地域や、高知などでは特に開花が遅くなる見込みだという。前回の予想からは、東京都での開花予想が1日遅れる結果となった。

今回から発表となった東北南部、北陸、長野の今年の桜は、おおむね平年並みに咲く所が多い予想となっている。大幅に開花時期が早かった去年よりは1週間ほど遅くなる見込みだが、暖冬の影響は他の地域よりは小さいと考えられている。

なお、東北北部の予想は2月18日から発表する予定となっている。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

芸能人×一般人が”サシ”でトーク! 新番組『テレ東のさしめし』
[14:00 9/30] エンタメ
海原やすよともこ「お金に目をくらませない」『どこいこ!?』人気の秘密
[14:00 9/30] エンタメ
石原さとみ、1億円持ち上げられるか!? "おでんふーふー"にスタッフメロメロ
[14:00 9/30] エンタメ
新番組で政界進出を狙う武井壮に、ブラマヨ小杉「野心が見えて仕方ない」
[13:30 9/30] エンタメ
IEEE 802.3bz登場、ネットワークが最大5倍高速化
[13:30 9/30] 企業IT