ソニー、世界最速AFをうたうミラーレスカメラ「α6300」海外発表

Sony Electronicsは米国時間2月3日、APS-Cセンサーを搭載したミラーレス一眼カメラ「α6300」を発表した。米国では3月の発売を予定しており、価格はボディのみで約1,000ドル、16-50mmレンズキットで1,150ドル。

α6300 (Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSSを装着)

α6300は、425点の像面位相差AF測距点を持つ最新版「4Dフォーカス」システムにより、世界最速0.05秒のAF性能をうたうミラーレス一眼カメラ。コンティニュアスAFを用いながら、秒間11コマの高速連写を可能としている。

レンズマウントはソニーEマウント。APS-Cサイズ・有効2,420万画素のExmor CMOSセンサーは新たに開発された銅配線仕様のもので、画像処理エンジンBIONZ Xとの組み合わせにより、ISO100~25600 (拡張51200)の感度をサポートする。また、α7S IIと同様に、全画素読み出し・画素加算なしの4K/30p動画撮影が可能。フルHD解像度では120pのハイフレームレート動画を記録できる。動画撮影時のダイナミックレンジも飛躍的に拡大されている。

電子ビューファインダーは約240万ドットの有機EL方式。背面のモニターは3型・92万ドットのTFT液晶。Wi-FiやNFC機能、電子水準器を搭載している。本体サイズはW120.0×H66.9×D48.8mm。ボディ素材にはマグネシウムを採用し、重さは約404g(バッテリーとメモリーカード含む)となっている。

同時発表の「G Master」レンズ、FE 24-70 mm F2.8 GMを装着して

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事