東芝「REGZA」、J20X/G20Xシリーズを4K HDR対応にするアップデート

  [2016/02/04]

東芝ライフスタイルは、4K表示に対応した液晶テレビ「REGZA(レグザ)」の「J20X」シリーズと「G20X」シリーズにおいて、バージョンアップ用のソフトウェアを2月18日から提供する。

REGZA J20X

今回のバージョンアップによって、HDR信号の入力に対応。これまで再現が難しかった映像の微妙な輝度の差を表現できるようになる。

加えて、著作権保護技術の「SeeQVault」機能を拡張。全番組録画の「タイムシフトマシン」機能で保存した番組を、SeeQVault形式で直接USB HDDへ保存可能となる。SeeQVault形式に変換した録画番組は、同じくSeeQVaultに対応した別のUSB HDDやSDメモリーカードにムーブしたり、REGZAブルーレイを用いて「レグザリンク・ダビング」でブルーレイディスクにダビングしたりといったことも可能だ。

対応製品はJ20Xシリーズの「55J20X」「49J20X」「43J20X」、G20Xシリーズの「55G20X」「49G20X」「43G20X」。アップデート用ソフトウェアの提供日時は、サーバーダウンロード形式が2月18日、放送波ダウンロード形式がBSデジタルで2月22日、地上デジタルで2月29日となる。

関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

声優・内田彩、8月13日に日本武道館でソロライブ開催決定
[07:00 5/29] ホビー
キャンプ場、廃工場で結婚式!?ウェディング界の革命児の“次なる一手”とは
[06:00 5/29] エンタメ
芦田愛菜&シャーロット、感動の演技バトルを披露『OUR HOUSE』第7話
[06:00 5/29] エンタメ
「世界一美しいクモ」の求愛行動がネットで話題、モテないオスは…
[05:00 5/29] エンタメ
[劇的ビフォーアフター]放送14年でリフォーム300軒に
[05:00 5/29] エンタメ

特別企画 PR