フィリップス、騒音を約99%低減するノイズキャンセル&Bluetoothヘッドホン

 

「SHB9850NC」

オンキヨー&パイオニアイノベーションズは2月4日、PHILIPSブランドのBluetoothノイズキャンセリングヘッドホン「SHB9850NC」を発表した。発売は2月初旬。価格はオープンで、推定市場価格は23,000円前後(税別)。

SHB9850NCは、集音用のマイクを4本使用する「ActiveShield Pro」機構を採用。周囲の騒音を最大で約99%低減する。40mm径ドライバーにはネオジウムマグネットを使用し、パワフルなサウンドを実現。再生周波数帯域は8Hz~23.5kHzで、インピーダンスは16Ω。出力音圧レベルは109dBとなっている。

Bluetoothのバージョンは4.0で、NFCにも対応。コーデックはAAC、apt-Xをサポートしている。バッテリー駆動時間は約16時間(Bluetooth・ノイズキャンセリング同時使用時)。有線接続でも使用可能で、長さ1.2mのヘッドホンケーブルも付属する。質量は230g(ケーブル含まず)。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

【特別企画】ランサムウェアに引っかかった!? - Acronis True Imageのイメージバックアップで最後の砦を築いておく(後編)
[07:00 7/25] パソコン
八田亜矢子、東大クイズ合戦で「女性の強いところを見せる!」も痛恨ミス
[07:00 7/25] エンタメ
カシオの電子辞書「EX-word」、20周年記念プレスイベントで語られた歴史
[07:00 7/25] スマホとデジタル家電
JPEGはなぜここまで普及したのか? ~専門家に聞いてきた~ 第5回 JPEG 2000対応カメラが無い理由
[07:00 7/25] 企業IT
深海底のレアアース泥は堆積速度の遅い環境に存在 - 東大などがデータ解析
[07:00 7/25] テクノロジー