Synopsys、回路シミュレータの標準機能に管理/結果解析用の検証環境を搭載

 

米Synopsysは2月3日(現地時間)、シミュレーション管理/結果解析のための検証環境を、同社が提供する回路シミュレータ「HSPICE」「FineSim」「CustomSim」に標準機能として搭載したことを発表した。2016.03バージョンから提供開始となる。

同検証環境では、温度、電圧などのシミュレーション条件セットアップと、それらの条件を組み合わせたシミュレーションの自動実行およびモンテカルロ解析が可能。 また、同社のグラフィカル波形ビューワ「Custom WaveView」との統合による波形解析や業界標準のTCLスクリプトによるリグレッションテストの自動化が可能となる。さらに、バッチモードシミュレーションのための先進のジョブ分散/モニタリング機能や、チャート出力、統計解析、ヒストグラム、統計分布図などの検証結果ビジュアル化/データマイニング機能、Web表示のためのHTMLベースのドキュメント化をはじめとする詳細なレポート生成機能も備えている。

これにより後付でサードパーティ製のアナログ検証環境を組み込む必要はなくなる。サムスンのSystem LSI Business 部門では、FineSimにおける同検証環境を評価使用し、今後のアナログ設計プロジェクトでの採用を決めているという。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

日本IBM、オールフラッシュ・ストレージ「IBM Storwize」の新製品発表
[15:12 8/25] 企業IT
ドコモショップが保険選びをサポート「ドコモでほけん相談」
[15:12 8/25] スマホとデジタル家電
たぶん そのぶん ふたりぶん 第47回 しからない宣言
[15:00 8/25] ライフスタイル
これぞ"日本版アベンジャーズ"! 宇宙刑事ギャバンとデカレンジャーが巨悪に挑む
[14:54 8/25] ホビー
河口湖を眺めながら「鹿しゃぶ」を楽しむプランが登場 - 星のや富士
[14:48 8/25] ヘルスケア