LINEのカメラアプリ「aillis」が再び「LINE Camera」になった理由とは

 

LINEは、カメラアプリ「aillis」において最新版の提供を開始した。バージョンアップすることでアプリ名称が「LINE Camera」になり、アイコンが変更されるほか、新たなフィルターが加わる。名称を変更した理由を同社広報に聞いた。

「LINE Camera」Android版。名称やアイコンが変更されている

「aillis」は、もともと同社が「LINE camera」として提供していたカメラアプリ。2015年4月に名称変更を伴うバージョンアップを行っている。そのため、今回のバージョンアップにより、再び「LINE Camera」(cが大文字になっている)に戻る形となった。

名称変更の理由についてLINE広報は、「LINE Camera(旧aillis)は、現在、世界1億3千万DLを突破し、これまでグローバルで多くのユーザーに利用されてきました。なかでも5,000種類以上あるスタンプの人気は高く、今後、更にスタンプに注力していくべく、“LINE=スタンプ”のイメージを活かし、馴染みのある『LINE Camera』に名称を変更いたしました」と説明した。

なお、「aillis」時代に利用できた機能はそのまま使えるという。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

Googleお役立ちテクニック - Googleドライブでファイルやフォルダを共有する
[00:00 8/30] パソコン
SMAP、解散発表後『スマスマ』で連携プレー - 中居「タイムリーといえば?」
[23:25 8/29] エンタメ
[魔法少女育成計画]追加キャストに水瀬いのり、日笠陽子、西明日香 姉妹声優が双子役に
[22:26 8/29] ホビー
[ガーリッシュ ナンバー]キービジュアル公開 主人公は可愛くクズな新人声優
[22:23 8/29] ホビー
「黒執事」茶屋や「鬼灯の冷徹」原画展、京まふの詳細が続々と明らかに
[22:18 8/29] ホビー