LINEのカメラアプリ「aillis」が再び「LINE Camera」になった理由とは

 

LINEは、カメラアプリ「aillis」において最新版の提供を開始した。バージョンアップすることでアプリ名称が「LINE Camera」になり、アイコンが変更されるほか、新たなフィルターが加わる。名称を変更した理由を同社広報に聞いた。

「LINE Camera」Android版。名称やアイコンが変更されている

「aillis」は、もともと同社が「LINE camera」として提供していたカメラアプリ。2015年4月に名称変更を伴うバージョンアップを行っている。そのため、今回のバージョンアップにより、再び「LINE Camera」(cが大文字になっている)に戻る形となった。

名称変更の理由についてLINE広報は、「LINE Camera(旧aillis)は、現在、世界1億3千万DLを突破し、これまでグローバルで多くのユーザーに利用されてきました。なかでも5,000種類以上あるスタンプの人気は高く、今後、更にスタンプに注力していくべく、“LINE=スタンプ”のイメージを活かし、馴染みのある『LINE Camera』に名称を変更いたしました」と説明した。

なお、「aillis」時代に利用できた機能はそのまま使えるという。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

【特別企画】7/1開催セミナー『教えて徳丸先生! 炎上に打ち勝つTwitter/Facebook運用テクニック』
[13:00 6/27] 企業IT
篠崎愛、デビュー10周年記念イベントにウエディングドレス姿で登場!
[13:00 6/27] エンタメ
吉田羊「心に深く寄り添った作品」日本版『コールドケース』主演への想い
[13:00 6/27] エンタメ
Klipsch、イヤホン「X10」の値下げパッケージ - ブランド70周年を記念
[12:58 6/27] 家電
アニメ「NEW GAME!」ゲーム会社への就職初日描く第1話場面写真、PV第2弾も
[12:50 6/27] ホビー