富士フイルム、ミラーレスカメラ「X-T1」の最新ファームウェアを公開

 

富士フイルムは4日、ミラーレスカメラ「FUJIFILM X-T1」と「FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition」向けの最新ファームウェア(Ver.4.30)を公開した。同社のWebサイトから無償でダウンロードできる。

FUJIFILM X-T1

FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

今回の最新ファームウェアは、2015年12月22日に配布を一時中止していたものの不具合を修正し、さらに最新レンズ「フジノンレンズ XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR」への対応を図ったもの。主なバージョンアップ内容は以下の通り。

  • 外部フラッシュ使用時、連写/ブラケティング撮影でフラッシュが発光
  • マニュアルフォーカス時のワンプッシュAF(AFロック/AEロック)
  • AFロック時のAF+MF操作(フォーカスリングによるピント微調整)
  • AF+MF時にFOCUS ASSISTボタンで拡大表示したままピント微調整
  • 画面のカスタマイズ項目を追加
  • 動画撮影ボタンをファンクション(Fn7)ボタンとして使用可能
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ネットバンキングを利用している理由1位は?
[13:05 7/29] マネー
2016年上半期書籍売上・出版社ランキング、1位は?
[13:03 7/29] マネー
MRJの7月進捗--最大20で基本合意、50回以上の飛行試験で3・4号機は今夏空へ
[13:02 7/29] 趣味
被買収企業の正社員42%が転職を検討 - 何が不安?
[13:01 7/29] キャリア
【特別企画】海外志向や起業意欲の強い方必見!上場企業の役員クラスとの人脈作りができてグローバルに活躍できる企業があるらしい……
[13:00 7/29] キャリア