バルサ加入後初の1試合4得点…スアレス、今季33試合で35ゴール

ゴール後にメッシとハイタッチをするスアレス(右) [写真]=Getty Images

 コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)準決勝ファーストレグが3日に行われ、バルセロナとバレンシアが対戦。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシのハットトリックとウルグアイ代表FWルイス・スアレスの4得点で、バルセロナが7-0と大勝した。

 バルセロナ移籍後初の1試合4得点を記録したスアレスは今シーズン、1試合1得点以上のペースでゴールを量産している。スペイン紙『マルカ』が3日に報じた。

 同紙は「スーペル(スーパー)ルイス・スアレス」との見出しで同選手の得点記録を紹介。スアレスが今シーズン、公式戦33試合に出場して35得点を挙げていることに言及し、「“9番”は宝物だ」と、称賛している。

 スアレスの得点記録の内訳は、リーガ・エスパニョーラ20試合出場19得点、チャンピオンズリーグ5試合出場5得点、コパ・デル・レイ3試合出場5得点、スーペル・コパ2試合出場無得点、UEFAスーパーカップ1試合出場1得点、クラブ・ワールドカップ2試合出場5得点となっている。

 バルセロナは次戦、7日のリーガ・エスパニョーラ第23節でレバンテとアウェーで対戦。バレンシアとのコパ・デル・レイ準決勝セカンドレグは10日に行われる。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事