ビッグデータソリューション提供者として最もイメージが強いのは富士通

 

IDC Japanは2月3日、国内ビッグデータソリューション市場動向の調査結果を発表した。

同社は、ビッグデータ関連のテクノロジーは従来のBA(Business Analytics)のような単純なレポーティング/予測にとどまらず、リアルタイム処理を内包したアプリケーション基盤となることで、直接的に企業の収益に貢献することが期待されているが、ユーザー層の拡大という面で課題を抱えていると指摘している。

その一方で、同社は業務/業種特化型のビッグデータソリューションが今後の国内ビッグデータテクノロジー/サービス市場の成長に重要な役割を果たすと見ている。国内は北米などのビッグデータ活用の先進地域に比べてビッグデータ活用やアプリケーション開発に対応した組織や人的資源を十分に持たない企業が多いため、ベンダーやSIerの提供するビッグデータソリューションの役割はきわめて重要であるという。

同調査では、ユーザー企業にベンダー/SIerを挙げて、ビッグデータソリューションの提供者として強いイメージを持つ企業を聞いた。その結果、最も印象に残るベンダーとして、国内企業では富士通がトップの10.6%、NTTデータが2位で8.5%の回答を得。海外企業ではグーグルが9.3%、IBMが7.1%で続いている。

同社は、富士通がトップとなった要因について、ミドルウェアやクラウドサービスも含めて独自の製品を持ち、ビッグデータイニシアティブとして包括的なソリューション体系をアピールしているためと分析している。

ビッグデータソリューションの提供者として強いイメージを持つ企業 資料:IDC Japan

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

脱臭・脱煙で燻製を作れるコンベクション式スモークトースター - 小泉成器
[15:43 9/30] スマホとデジタル家電
【特別企画】疲れた体を癒すには「食生活」の変化から! 今日から始めるフルーツLife
[15:29 9/30] 趣味
黒島結菜、リクルートスーツでドラえもんとコラボ! マイナビ広告キャラに
[15:27 9/30] エンタメ
[テラスハウス アロハ ステート]ハワイ版新メンバー6人発表 YOU&トリンドルを射止めたメンバーとは?
[15:23 9/30] エンタメ
東大とキュア・アップ、非アルコール性脂肪肝専用治療アプリの臨床研究開始
[15:20 9/30] テクノロジー