羽生結弦、仙台藩・殿様役で銀幕デビュー! 撮影に緊張も「自分なりに表現」

 

フィギュアスケートの羽生結弦選手が、俳優・阿部サダヲの主演で江戸時代の実話をもとにした映画『殿、利息でござる!』(5月14日公開)で銀幕デビューを飾ることが4日、発表された。

『殿、利息でござる』で映画に初出演する羽生結弦選手

磯田道史氏の『無私の日本人』(文春文庫)の一編「穀田屋十三郎」を原作とする本作。江戸中期の仙台藩吉岡宿を舞台に、穀田屋十三郎(阿部)ら9人が年貢の取り立てや労役で困窮する宿場町を守るために藩にまとまった金を貸し、毎年の利子を全住民に配る「宿場救済計画」のために奔走する姿が描かれる。メガホンを取るのは、『予告犯』(15年)などで知られる中村義洋監督。町で1番のキレ者・菅原屋篤平治役の瑛太、十三郎の弟・浅野屋甚内を演じる妻夫木聡らも出演する。

初の映画出演となる羽生選手が本作で務めるのは、映画タイトルにもなっている"殿"の仙台藩藩主・伊達重村(だて・しげむら)役。出演シーンは多くないものの、困窮する庶民の前にさっそうと現れる殿という物語において重要な役どころだ。羽生選手は、故郷である宮城・仙台に実在した人物たちの秘話に感動し、出演を承諾。氷上での演技でも国内外から高い評価を得てきたが、本作ではマゲ姿で殿役を熱演する。

そんな羽生選手は、「お芝居はスケートとは違って振りがなく、言葉を使い、セリフに合わせて動かなければならないのでとても難しく、撮影現場では緊張していました」と正直に吐露。しかし、「映画製作の雰囲気が感じられて、すてきな俳優さんたちにもお会いできて楽しかった」と笑顔も見せる。

また、「撮影は昨年の夏だったのですが、試合のプログラムだけではなく、エキシビション、ショー等でも、表現者として今回の貴重な経験を活かすことができたのではないかと思います」とも語り、スケート選手としての仕事にも還元できたことを明かす。さらに、「殿様として、威風堂々とした姿と優しさを兼ね合わせるギャップを、自分なりに表現できればと思い一生懸命やりました。ぜひ楽しみにしてください」とアピールした。

一方、主演の阿部は「殿役が誰か、なかなか明かされず、役者同士でいろいろ予想していた」と打ち明けながら、「まさか羽生結弦さんとは」と非常に驚いた様子。さらに、「現場リハーサルでいきなりぶっつけ芝居だったにもかかわらずセリフも完璧に入っていて、素晴らしかったです…」「本来、殿様を庶民が見てたら『頭が高い』と言われるんでしょうけど、もう、ずっと笑顔で見つめていられました(笑)キレイでした」と満面の笑みを浮かべながら、羽生選手の演技を絶賛する。

中村監督は、羽生選手の起用の経緯を話しながら、「ついつい(本作を)豪華キャストにしてしまったため、彼らが『殿様=雲の上の人』と仰ぐ俳優さん、というのがなかなか見つからなくなってしまい」と本音をポロリ。そこで羽生選手の名前が挙がった際には「これはもう、問答無用の雲の上の人で、かつ、この映画の舞台となる宮城県のご出身ですから、どこかで伊達の殿様との縁やゆかりがあったとしても不思議じゃありません」との思いにまでいたったという。続けて、「この伊達の殿様は、今や仙台藩どころか日本一となり、果ては世界までも征服しておられるわけですから、本当にとんでもない人をキャスティングしてしまったもんだよなあ、と僕ら自身もいまだにおののいている次第です」とまで語った。

殿を演じている羽生選手の姿は、特報映像で顔以外が映しだされていた

新たな場面写真

(C)2016「殿、利息でござる!」製作委員会

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事