ヴァーディ、リヴァプール沈めた長距離ボレー弾は「キャリア最高」

 

ゴールを喜ぶレスターFWヴァーディ [写真]=Leicester City FC via Getty Images

 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターは、2日に行われたプレミアリーグ第24節でリヴァプールを2-0で下し、首位をキープした。この試合で2ゴールを挙げたイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディのコメントを、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 ヴァーディは0-0で迎えた60分、後方からのロングボールでDFラインの裏を取ると、ゴールまではまだ距離があったがGKの位置を見て右足ボレー。ドライブのかかった強烈なシュートを突き刺した。さらに72分には岡崎が放ったシュートのこぼれ球を押し込み、貴重な追加点をマーク。これで今シーズンのゴール数を18に伸ばし、得点ランク首位に立っている。

 自身の1点目について記者から「これ以上のゴールを決めたことがあるか」と問われたヴァーディは「いや、ないね。ただゴールはゴールだ。そしてより重要なのはチームが勝ち点3を獲得したということだよ」と、キャリア最高のゴールだったと認めたうえで、チームの結果を重視すべきだと述べた。

 そして、「僕は(リヴァプールGK)シモン・ミニョレがゴールからかなり離れているのを試合中に確認していた。ボールが少し高くバウンドしたことでチャンスになった。幸運にも彼(ミニョレ)の上を超えたね」と常にGKの位置を確認してチャンスを伺っていたことを明かしている。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Windows 10ミニTips 第111回 Microsoft Edgeの拡張機能を使う - LastPass編
[00:00 8/26] パソコン
ハーレイ・クイン役のマーゴット・ロビー、初来日に喜び「ずっと来たかった」
[23:27 8/25] エンタメ
iPhone 7/iPhone 7 Plusの登場に何が期待されるか? - 松村太郎のApple深読み・先読み
[23:05 8/25] スマホとデジタル家電
『魔法つかいプリキュア!』、Blu-ray vol.1の描き下ろしジャケットを公開
[23:02 8/25] ホビー
岡崎京子×ロッキング・オンのロックT登場!「pink」などモチーフにした3種
[22:40 8/25] ホビー