朝から夜まで楽しめる。天然温泉やベッドもある“おふろcafe”って?

 

朝から夜まで楽しめる。天然温泉やベッドもある“おふろcafe”って?

「おふろcafe utatane」があるのは、埼玉県さいたま市北区。鉄道博物館駅(大成駅)で降りて線路沿いに約10分歩くと、看板が見えてきます。JR大宮駅から無料シャトルバスも出ていて(17時半〜)、バスなら20分ほどで到着します。

フロントでチェックインをすませれば、どこからともなく漂ってくる挽きたてのコーヒー豆の香り。天井まで届く大きな本棚と暖炉の前で、絵本をめくったり、好きな音楽を聴いたりと、ゆったりとした館内着を着て気ままにくつろぐ人々の姿が目に入ります。

広々としたおふろスペースでは、埼玉県神川町「白寿の湯」から運んだ天然の温泉が楽しめる露天風呂のほか、大浴場やジェットバス、サウナ、水風呂などお風呂の種類も豊富。
女性浴室限定の、天然の泥パックコーナーもあり、半身浴をしながら顔につけると、余分な皮脂が取れて肌をすべすべ、なめらかにしてくれます。

また、自身の持ち込みであれば入浴中の読書もOK。つい時間がたつのを忘れてしまいそうですね。

おしゃれなカフェスペースでいただけるごはんメニューは、やわらかく煮込んだ「牛タンシチュー」(1700円)や「ロコモコ」(1000円)、「アスパラとホタテの太麺クリームパスタ」(980円)など本格的です。五穀米や野菜をたっぷり使った「おろしポン酢牛リブプレート」(1400円・写真下)はさっぱりしたわさびおろしが人気の一品。

マロンや小豆を使った「うたたね和パフェ」(580円)や「チョコバナナワッフル」(630円)などスイーツの種類も豊富です。新鮮な卵をふんだんに使った「うたたねジャープリン」(580円)は、みんなでシェアして食べられると、大人気です。

オレンジやレモンなどのフルーツが皮ごとたっぷり入ったカクテル「フルーツジャー」(各570円)や「コエドビール」(各630円)など、お風呂上りの喉をうるおすこだわりのドリンクメニューもたくさん揃っています。

おいしいごはんとおふろでしっかりあたたまったら、自分へのごほうびにトリートメントで体をほぐしてみては。ヘッドスパからフェイシャル、リフレクソロジーまで癒しのメニューがそろっているので、心ゆくまで贅沢な時間を堪能できそうですね。


体が軽くなったら、うとうとしてしまう…そんなときも安心。リクライニングチェアやハンモックが無料で利用できるほか、最大10時間利用できる有料仮眠室(2900円〜)やベッド(一泊6000円〜)もあります。ふわふわのブランケットも自由に使えますよ。

Macも完備されているオープンスペースでは、調べものや動画鑑賞もできてしまいます。
ときには足を伸ばして、ゆっくりと流れるutatane時間を楽しんでみてはいかがでしょう。


本記事は「ことりっぷ」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【コラム】山田祥平のニュース羅針盤 第70回 UQをめぐるややこしい回線
[06:00 6/27] パソコン
ヒロミ、藤原竜也の上司役で10年ぶり連ドラ「ママがやりなさいと言うので」
[06:00 6/27] エンタメ
香港が「海外駐在員にとって最も物価が高い都市」1位に - 東京は?
[06:00 6/27] マネー
【連載】六畳一間 第4回 ゴリ沢 その1
[06:00 6/27] ライフスタイル
西田敏行『ジャングル・ブック』で実写吹替え初挑戦!演じるクマは「ほぼ俺」
[05:47 6/27] エンタメ