パナソニック、従来比約10倍の明るさを再現できるシャッター技術を開発

 

パナソニックは2月3日、有機薄膜を使用したCMOSセンサーにおいて、従来に比べ約10倍の明るさを再現できるグローバルシャッター技術を開発したと発表した。

従来の裏面照射型CMOSイメージセンサー(左)と有機CMOSイメージセンサー(右)の構成図

従来のグローバルシャッター機能搭載センサーに使われていたシリコンフォトダイオードを、より光を吸収する有機薄膜に変更することで、入射光線範囲を30~40度から60度に拡大。広い範囲から光を集め、より多くの色情報を得ることで、さらに忠実な色再現が可能になった。また、回路部上の全面に有機薄膜を形成。センサー面上の光すべてを有機薄膜で受けることで、従来比1.2倍の感度を実現している。

独自の「光電変換制御シャッタ技術」を採用しており、有機薄膜にかかる電圧を調整することで、飽和信号量の減少を抑制する(光信号が飽和信号量を超えると画像は白くとぶ。つまり、飽和信号量が大きいと白とびしにくい)。さらに、「高飽和画素技術」により、従来のグローバルシャッター機能搭載センサーから飽和信号を約10倍に拡大。明暗差の大きいシーンにおいて、シャッター歪みのない画像取得を実現するほか、フラッシュバンドやLEDフリッカを低減する。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

対話で献立を相談、ご飯とおかずを同時に作る - シャープのIoTオーブン「ヘルシオ」を使ってみた
[11:30 7/26] スマホとデジタル家電
【特別企画】脱・PCメール! 「ビジネス版LINE」でキャリア認定ショップにおけるコミュニケーションの課題を解決
[11:30 7/26] 企業IT
【連載特別企画】5分でわかる! フラッシュストレージの基礎講座 第2回 キャッシュとストレージの違いは?
[11:30 7/26] 企業IT
自社運用が必須条件の西鉄グループはどのサンドボックスを選んだのか?
[11:30 7/26] 企業IT
夏休み中の男の子に着せたい! ユニクロのオススメ・キッズ夏服4選
[11:30 7/26] ライフスタイル